クラシックギター弦のレビューを続々追加中です。今回はオプティマです。

弦の感想: ドーガル ディアマンテ レギュラーテンション (Dogal Diamante Regular NR127B)

4.0
ドーガル ディアマンテ レギュラーテンション NR127B
弦の感想

衝撃的な青い高音弦のマエストラーレに引き続き、ドーガル社の弦です。

ディアマンテと呼ばれるこの弦、見た目はマエストラーレと違って普通です。

以下の記事で本ブログの弦のレビュー/感想/情報記事をまとめています

クラシックギター 弦に関する記事、感想、レビューまとめ
このブログで紹介している弦の感想およびレビュー記事をまとめたものです。記事を追加したらこのページにも追加していきます。ざっくり弦の特徴を知りたい方へ目的や用途に応じたお勧め弦をまとめてみました。こちらをご覧ください。...
スポンサーリンク

高音弦がカーボン入りナイロン、低音弦がケブラー繊維とカーボン入り

ディアマンテの特徴は高音低音ともに変わった素材を使っているところにあります。

高音弦はカーボンを配合したナイロンを使っているとか。これまでのギターの弦はナイロンかカーボンかという2択でしたが、これらが合わさっています。

調べてみると、釣り用の釣り糸にカーボナイロンというものがありました。これは、ナイロンの繊維をフロロカーボンでコーティングしたものだとか。ディアマンテのカーボン入りナイロンがこれかどうかはわかりませんが、フロロカーボン弦も釣り糸から来たとのことなので、もしかするとこれかも?

低音弦は芯線に、ナイロンだけでなく、ケブラー繊維やカーボンを加えているそうです。ケブラー繊維はスピーカーのコーンや防弾チョッキにも使われる素材で、非常に丈夫です。

問題は音ですが、他と違う素材を使っているということで、特徴ある音が期待できるかと。

ちなみに、ディアマンテ(Diamante)とはイタリア語でダイアモンドのことだそうです。輝くような音が出るのでしょうか。

テンションが低い

もう1つディアマンテの特徴として挙げられているのが、テンションが低いという点です。

5種類あるテンションのうち、最も弱い Extra Softでは1弦のテンションが6.6kgしかないそうです。

どちらも公称値なので比較は難しいですが、テンションが低いといわれているハナバッハのスーパーローが7.0kg、プロアルテのライトが7.1㎏なのでかなり低いです。

私が今回買ったレギュラーテンションでも7.0㎏です。

テンションが低い弦を探している人にはいいかもしれません。

見た目は普通

ドーガル ディアマンテの中袋

中袋はマエストラーレと同じく、低音弦は密閉袋で1つにまとめられています。内袋も高級感があります。

マエストラーレとディアマンテの6弦

低音弦はマエストラーレに比べると細く、巻も細かいです。弦自体が柔らかい印象を受けます。

マエストラーレとディアマンテの3弦

高音弦はマエストラーレとは全然違います(笑)いわゆる普通のギターの高音弦といった印象です。非常に透明度が高く、ナイロン弦に近い印象を受けます。オーガスチンのインペリアルとか、サバレスのニュークリスタルに近い感じです。

ドーガルのディアマンテを張ったギター

弦を張り終えたところ。いやー、普通の弦は安心感があります。マエストラーレとは大違いです。

弦の感想: ドーガル マエストラーレ レギュラーテンション(Dogal Maestrale Regular NR168B)
最近登場した高級な弦を試してみました。ドーガルのマエストラーレです。高音弦が青いところが特徴的でよく鳴る弦だそうですが。。。結論としてはとにかく個性的な弦でした。以下の記事で本ブログの弦のレビュー/感想/情報記事をまと...

柔らかく鳴る高音弦と低音弦

弦を張り終えた感想は、「柔らかい音がする」というものです。

この前に張っていたのがとにかく大きな音のするマエストラーレということもありますが、高音弦も低音弦も優しく柔らかく鳴ってくれます。

決してこもっているわけではなく、しっかり鳴ってくれながらも柔らかい音がする不思議な感じです。

3弦もナイロン弦のようにこもるわけではなく、カーボン弦のようにキンキンするわけでもなく、魅力的です。

低音弦はもうちょっと鳴ってくれるといいですが、時間とともに鳴ってくるか、テンションを変えるか、ほかの弦を組み合わせるという手もありそうです。

音程はすぐ落ち着く

マエストラーレは張って2,3日音が安定しない印象でしたが、ディアマンテは15分くらい弾いていたらある程度音程が落ち着いてくれました。

実戦でも使いやすそうです。

ファーストインプレッションは好印象、時間とともにどう変化するか

とりあえず張ってみたという段階でレビューしてみましたが、なかなかいい弦です。

柔らかい音が好きだけどこもっているのは嫌だ、というこれまでなら矛盾しているような要求にこたえてくれます。

またしばらく使って追記したいと思います。

エクストラソフトテンションも使ってみました:

弦の感想: ドーガル ディアマンテ エクストラソフト (Dogal Diamante Extra Soft NR127)
海外の弦通販サイトを使って日本では売っていない弦を買ってみよう、ということでドーガルのディアマンテのエクストラソフトテンションを買ってみました。おそらく、クラシックギター弦の中でももっともテンションが低いものではないでしょうか。...

スポンサーリンク
クラシックギター情報ブログ 最高の一音を求めて

コメント

  1. とし より:

    クラシックギターの弦を検索してこちらのブログを見させていただきました。
    桜井ギターのmaestro RFをお使いのようですが、
    サイドやバックの木材が通常の中南米ローズウッドではなくメープル材?
    のように見えましたが特別仕様なのでしょうか?
    色々弦をお試しのようですが、今までで一番しっくりきた弦はどれだったのでしょうか?
    やはりメーカーが推奨している弦だったのでしょうか?
    このギターを選んだ理由や弾いてみた感想なども教えていただきたいです。
    よろしくお願いします。

    • かーるかーる より:

      >としさん

      こんにちは。
      私の使っているのは、ご認識の通り、通常の仕様とは異なるメイプルが横と裏に使ってあるmaestro RFです。
      たまたま店頭に在庫があったのですが、先入観なしに試奏したところ、これが一番しっくり来たという感じです。
      ブログの楽器紹介にも少し書いていますのでご参照下さい。一年くらいたってどんどん鳴るようになってきています。

      弦はいろいろ試していますが、今のところなんだかんだ言ってメーカー推奨のサバレス クリエイションカンティーガのノーマルが一番気に入っています。もちろん、それぞれの弦にはそれぞれの個性があって、それぞれに良いところがあるのですが、1つだけどれを使うか?といわれたらこれなんですよね。メーカー推奨というバイアスがかかっている可能性も否定はできませんがf(^^;)次にどれかといわれたらこの記事のドーガルのディアマンテですかね。テンションがもっと低いやつも試してみたいです。

タイトルとURLをコピーしました