40種類以上の弦を使ってきた管理人がおすすめのクラシックギター用弦の記事を書きました

Oasisから新しい弦「Inspiro」が登場 非ナイロンの芯線を低音弦に使用

Oasisのクラシックギター弦「Inpsiro」

新たなクラシックギター弦が登場です。Oasisが発売した「Inspiro」は低音弦の芯線に、一般的なナイロンではなく、独自のマルチフィラメントコアを使っているのが特徴です。

スポンサーリンク

日本では楽器用加湿器メーカーとして知られるOasis

Oasisは、日本ではどちらかというと楽器用加湿器メーカーとして知られているかと思います。

しかしながら、実はクラシックギター弦も発売しており、GPXやClaroといった独自の高音弦を使ったセットで人気を博しています。

しかしながら、高音弦はいろいろと種類があるものの、低音弦に関しては1種類のみというのがさみしい状況でした。

独自のマルチフィラメントコアを使った「Inspiro」

そんなOasisが新たに発売したのが「Inspiro」と呼ばれるクラシックギター弦セットです。

このセットの低音弦には、一般的に使われるナイロンが使われていないのが特徴です。その代わり、独自のマルチフィラメントコアを採用しています。

これにより、クリアでパワフルで、サステインが長く、安定が早いという特徴を得たのだとか。さらに寿命も長くてナイロンコアのものよりも長持ちするそうです。

高音弦にはOasis独自のGPXカーボン弦が使われています。

日本での発売予定はなし?

今のところInspiroの日本での発売予定はないようです。

というか、そもそもOasisの弦自体日本では販売されていないのがさみしい状況といえます。

興味がある方はStrings by Mailから購入して見てください。

私も購入してレビュー予定です。

追記:レビューを書きました。

スポンサーリンク
クラシックギター情報ブログ 最高の一音を求めて

コメント

タイトルとURLをコピーしました