40種類以上の弦を使ってきた管理人がおすすめのクラシックギター用弦の記事を書きました

CD/音源新譜情報: David Jacques “14 Histoires de guitares”, Emanuele Segre “Italian Guitar Concerts”, Duo Kitharsis “Play Chopin”

CD/配信音源
CD/配信音源 練習

クラシックギター関連CD/配信音源新譜情報です。主にAmazon Music Unlimitedに新登場したものを紹介していきます。

この記事で紹介している音源はすべてAmazon Music Unlimitedで聴き放題です。無料期間があるので気軽に始められます。また、CDやMP3での購入も可能です。

記事内には試聴用のリンクも張っていますので、曲の冒頭が無料で聴けます。

スポンサーリンク

David Jacques “14 Histoires de guitares” – おすすめ!!

1つのアルバムの中で14ものギターを使い分けているというなかなか興味深いアルバムです。

1つのアルバムの中で14ものギターを使い分けているのは初めてなのだとか(そりゃそうですよね)。

使われているのは以下のギターです:

  • Alexandre Voboam (1665ごろ)
  • Pracht (1776);
  • Marcus Obbo (1806, chitarra battente)
  • Villaume et Giron (1798, theorbo-guitar)
  • Mast (1810, lyre-guitar)
  • Joaquin Pagés (1820)
  • René Lacôte(=ラコート) (1835)
  • Aubry-Maire (1830)
  • Guiot (1846)
  • Vicente Arias (1886)
  • Anton Stauffer(=シュタウファー) (1840)
  • Louis Panormo(=パノルモ) (1832);
  • Antonio de Torres(=トーレス) (1887)
  • Daniel Friederich(=フレドリッシュ) (1972)

400年近く前のギターからラコート、シュタウファー、パノルモ、トーレス、フレドリッシュと、まさにクラシックギターの歴史といっても過言ではないラインナップです。

しかも、それぞれのギターを使ってそれぞれのギターが作られた時代の曲を弾いています。

必ずしも年代順に曲が並んでいるわけではないので、こちらのページで年代を見ながら聴くと良いかと思います。

色々な時代のギターの音が聴けて大満足の一枚です。お勧めです。

Emanuele Segre “Italian Guitar Concerts”

イタリアのギタリストであるEmanuele Segreがイタリア人の作曲家のギター協奏曲を弾いたアルバムです。

アルバムに収録されているのはヴィヴァルディ、ジュリアーニ、Giovanni Sollima, Carlo Boccadorといったイタリアの作曲家たちです。

録音のせいかちょっとギターの音がキンキンするのが気になりますが、普段あまり聞かないようなギター協奏曲が楽しめて面白いです。

Duo Kitharsis “Plays Chopin”

ルーマニアのギターデュオであるDuo Kitharsisがショパンの曲をギターに重奏にアレンジした曲を弾いているアルバムです。

ショパンのピアノ曲の名曲を集めたアルバムになっています。

ショパンのピアノ曲ってギターにあっているんだなぁと感じさせるアルバムです。ギターソロのショパンの編曲もいろいろありますが、やはり原曲が両手で弾いている分、デュオの方が無理がなく余裕をもって弾いているように感じます。

デュオの音も非常に優しく美しく、ショパンに合っているように思います。

スポンサーリンク
クラシックギター情報ブログ 最高の一音を求めて

コメント

タイトルとURLをコピーしました