ハナバッハの高級弦であるエクスクルーシヴなど、今後レビューを行う予定のクラシックギター弦のページを更新しました。こちらをクリック。

CD/音源新譜情報: Andrea de Vitis “Tansman: Complete Works for Solo Guitar, Vol. 2”, Asya Selyutina “Nikita Koshkin: 24 Preludes & Fugues, Vol. 1”, Liz Hogg “Presenting Liz Hogg”, 2GUITARS “Mozart on Two Guitars”

2GUITARS Mozart on Two GuitarsCD/配信音源
CD/配信音源 練習

クラシックギター関連CD/配信音源新譜情報です。主にAmazon Music Unlimitedに新登場したものを紹介していきます。

この記事で紹介している音源はすべてAmazon Music Unlimitedで聴き放題です。無料期間があるので気軽に始められます。また、CDやMP3での購入も可能です。

記事内には試聴用のリンクも張っていますので、曲の冒頭が無料で聴けます。

スポンサーリンク

Andrea de Vitis “Tansman: Complete Works for Solo Guitar, Vol. 2”

カヴァティーナ組曲で有名なタンスマンのクラシックギターソロ全集 Vol.2です。

弾いているのはイタリアのギタリスト Andrea de Vitisです。この人は国際コンクールで40以上の賞を受賞したというすごい経歴の持ち主です。

このタンスマン全集のVol.1も昨年この人がリリースしています:

非常にクリアで明快な演奏のためタンスマンの楽曲の持つ複雑さの中に構造の美しさを垣間見ることができる演奏です。

Asya Selyutina “Nikita Koshkin: 24 Preludes & Fugues, Vol. 1”

ロシアのギタリストであるAsya Selyutinaのニキータ・コシュキンの曲集です。コシュキンというと日本ではアッシャーワルツが有名ですね。

このPreludes and FuguesはコシュキンがAsya Selyutinaに献呈した曲だそうで、かなりロシアでは知られたギタリストのようです。コシュキンらしく美しも怪しいメロディーが魅力です。

このアルバムはVol. 1で半分のNo.12まで収録なので、いずれVol. 2が出ると思われます。

Liz Hogg “Presenting Liz Hogg”

Liz Hoggはニューヨーク在住のギタリスト兼作曲家です。このPresenting Liz Hoggはヴィラロボスやバッハの曲を収録した自己紹介的なアルバムになっています。

録音も演奏も非常に素朴な印象を受けました。楽譜に忠実に演奏していて、アマチュアが参考にするのにも良いのではないでしょうか。

2GUITARS “Mozart on Two Guitars”

ちょっとふざけちゃったようなカバー写真の、モーツァルトの楽曲を2本のギターで演奏したアルバムです。

2GUITARSはクロアチアのギタリストであるZoran ZadravecとIvan Medvidovicのデュオです。活動を始めてから30年以上になるベテランだそうです。

アレンジは奇をてらった感はなく、モーツァルトの楽曲の持つ明るさや音楽の喜びが伝わってくるアレンジになっています。

2GUITARSはほかにもバッハやパッヘルベらのバロック音楽のアルバムも出しています:

スポンサーリンク
クラシックギター情報ブログ 最高の一音を求めて

コメント

タイトルとURLをコピーしました