40種類以上の弦を使ってきた管理人がおすすめのクラシックギター用弦の記事を書きました

ギターのメンテナンスに関する記事

ギターのメンテナンスに関する記事メンテナンス

主にクラシックギターのメンテナンスに関する記事です。

最低限やっておきたいメンテナンスについては以下の記事を参照ください:

これだけはやっておきたいクラシックギターのメンテナンス
大事な楽器とはできるだけ長く付き合いたいですし常にいい音で鳴っていてほしいものです。重大な故障の場合には結構な修理費用が必要になったりします。この記事ではこれだけはやっておきたいクラシックギターのメンテナンスについて、頻度や場面ごとに紹介...
ギター用品

楽器内部の温度と湿度がケースの外から確認可能!Lee Guitars Bluetooth Thermo-Hygrometerで大事な楽器を守ろう

クラシックギターをはじめとする木の楽器は湿度に弱く、極端に乾燥すると木が割れてしまい、修理に多額の費用が必要になります。常に楽器の湿度には気を付けたいところですが、ケースの中に入れてしまうといくら湿度計を入れていても値を読めず。。。 ...
ギター用品

ギターのブリッジやナット周辺、指板の掃除に MUSIC NOMAD のTHE NOMAD TOOL(MN205)が便利

愛するギターは常にきれいにしておきたいもの。でも、ブリッジやナット、指板は弦が邪魔で普段は掃除がしにくいですよね。そんなときに役に立つのがMUSIC NOMADのTHE NOMAD TOOL(MN205)。両端に2種類の掃除道具がついてお...
ギター用品

ギター用アームカバーは高くて蒸れる!ネット包帯やチューブ包帯を使ってみては?

クラシックギターに使われている塗装のなかには水分に弱いものがあり、肌に直接触れると塗装を痛める可能性があります。このため、夏などの半そでの衣服を着用する季節にはアームカバーを使用している方もいらっしゃることでしょう。 ただ、ギター用...
メンテナンス

クラシックギターに弦長補正は必要?原理とやり方についても解説

クラシックギターやアコースティックギターを弾いていて、12フレットの音とハーモニックスの音が合わないと感じたことはないでしょうか?多くの場合は不良弦によるものですが、原理的に合わない場合もあります。それを補正するためのものが弦長補正です。...
2021.08.21
ギター用品

弦の音よ、よみがえれ!DRのString Lifeで劣化した弦の音を復活

ギターを弾く上で避けられないランニングコストが弦です。一般的に弦は張った直後から音が劣化し始め、定期的に新しいものに交換する必要があります。DRのString Life Liquid Nano Polymerは新しいコンセプトの製品であり...
ギター用品

100%天然由来!ねこだまり工房の楽器用保湿・保護ワックス「自家製クリア蜜蝋ワックス」が登場

指板の保湿や掃除にはレモンオイルがよく使われますが、独特のにおいがして好き嫌いがわかれます。ねこだまり工房から登場した「自家製クリア蜜蝋ワックス」はほぼ無臭のワックスであり、指板に使うと保湿や保護の効果が生まれます。 オーガニックホ...
タイトルとURLをコピーしました