ハナバッハの高級弦であるエクスクルーシヴをレビューしました。

5年の歳月をかけた最高のカーボンケース「レオナ(Leona)」がもうすぐ発売

レオナ・カーボン・ケースギター用品
ギター用品 ケース

クラシックギターを持ち運ぶのにも保管するのにもケースは必要です。ケースの中でもカーボン製のものは軽くて丈夫。そんなカーボンケースに新たな仲間が加わります。「レオナケース(Leona Case)」と名付けられたこのケース、デザインに5年もの歳月がかかった美しいケースです。

スポンサーリンク

悩ましいケース選び

クラシックギターのケース選びは悩ましいものです。軽ければ保護性能が低くなり、重ければ持ち運びがしづらい。皆、その中で妥協点を見つけて選んでいるのだと思います。

その中でも軽さと丈夫さの両立ができているのがカーボン製のケース。少々お高いのが難点ですが、デザインの自由度も高く、人気のある素材です。

トーレスのあのギターの名前をとったカーボンケース

そんな中、GSIから新たなカーボンケースが発売されることがアナウンスされました。その名も「レオナ」。あのトーレスの最高のギターともいわれる名前をつけられた気合の入ったケースです。

百聞は一見に如かず、ということでこちらの紹介動画をご覧ください:

Leona case

実に美しいケースです。

ワグナーやオベールとのコラボレーション

このレオナケースはLi Qingchuanという人がプロデューサーとなって作っているのですが、著名なギター製作家とのコラボレーションで作られています。

まず、ダブルトップで有名なゲルノット・ワグナーからの依頼でLiさんがケースを作り始めます。この時点ではワグナーのギターにぴったりあったものを作っていたそうです。

そして、その後Liさんはフリッツ・オベールの息子でやはり製作家であるジャニス・オベールとパートナーを組みます。一緒にメルセデス・ベンツの工場に行ってデザインのやり方を学んだりしたそうです。

結局デザインには5年物歳月がかかりましたが、もうすぐGSIから発売されるそうです。

8色ものカラー展開

このレオナケースは8色ものカラー展開で発売されるそうです。

紫なんかは珍しい色ですが、なかなかいい色です。スタンダードなシルバーやブラックが地味に思えるほど魅力的な色がそろっていますね。

日本での発売は不明

今のところ日本での発売の情報はありません。また、GSIでの価格や重量などのスペックも不明です。

発売されれば間違いなく話題になるケースなのではないでしょうか。価格によっては大人気になるかも。

カーボンのケースは高価格になりがちですが、ぜひリーズナブルな価格でリリースしてほしいですね。

スポンサーリンク
クラシックギター情報ブログ 最高の一音を求めて

コメント

タイトルとURLをコピーしました