2画面見開きの電子楽譜表示端末「GVIDO」が販売終了に~価格が高すぎて売れなかったのが原因?

販売終了になったGVIDOギター用品

紙の楽譜と変わらない感覚で使えることで定評のあった電子楽譜表示端末「GVIDO」が、2022年3月末日で販売終了と発表されました。さすがに価格が高すぎて売れなかったのでしょうか。

クラシックギター情報交換掲示板を開設しました
クラシックギターの情報を交換するための掲示板を設定しました。是非ご利用ください。イベント情報やセール情報、クラシックギター関連の小ネタも投稿中です。

電子ペーパー + 2画面見開きで最強の電子楽譜表示端末だったGVIDO

GVIDOの特徴は、

  • 電子ペーパー使用
  • 2画面見開き

という点です。

電子ペーパーはその名の通り紙のように美しい表示ができるものであり、楽譜をきれいに見やすく表示できます。

また、iPadなどを使って電子楽譜を表示した場合、紙の楽譜1ページ分しか大きなサイズで表示できませんが、GVIDOは2画面見開き表示で紙の楽譜と変わらない見た目だったのも魅力的でした。

2022年3月末日で販売終了

このGVIDOについて販売会社のGVIDO MUSICは、2022年3月末日をもって販売を終了すると発表しました。

理由については「諸般の事情」としています。

今後のサポートは2024年3月末日まで継続するとのことです。

今後はiPadやiPhone/Androidを使って電子楽譜環境を構築するしかなくなりそうです。

さすがに18万円は高すぎた

「諸般の事情」とされる販売終了の理由ですが、平たくいうと売れなかったということでしょう。

GVIDOの価格は税別18万円であり、税込では20万円近くになります。

その割に電子楽譜の表示しかできず、何でもできるiPadに比べてつぶしがききません。

この価格を出せるのはよほどお金があるか、プロの演奏家のように頻繁に使う人くらいでしょう。

なぜこんなに高いかというと、おそらく電子ペーパーが高かったのではないかと思います。

Androidタブレットのなかに電子ペーパーを搭載したものがあるのですが、13.3インチディスプレイ1枚で11万円ほどと、通常の液晶ディスプレイを使ったものに比べてかなり高いです。

BOOX MaxLumi2 電子書籍リーダー 電子メモ帳 Android11 GooglePlay搭載
SKTSELECT
【MaxLumi2概要】BOOX Maxシリーズは、A4サイズ13.3インチ電子ペーパーを搭載したAndroidタブレットです。今回のMax Lumi2は、RAM6GB、ROM128GBへアップグレード。プロの業務に適した性能へと進化しました。A4サイズのPDFを等倍で読みたい方、2画面分割機能を用いて電子書籍を読みながらデジタルノートを取りたい方に最適です。

GVIDOは13.3インチのものを2枚搭載していますので、20万円ほどになるのでしょう。これでもボーナス価格だったのかもしれません。

他にも電子楽譜リーダーとして使える端末は色々ある

残念ながらGVIDOは販売終了となりましたが、iPadを始め電子楽譜リーダーとして使える端末は他にも色々あります。

海外の電子楽譜リーダーも紹介していますので、下記の記事を参照ください:

GVIDOのDNAを引き継いだ端末の登場に期待したい

GVIDOのコンセプトは非常に素晴らしく、お金に余裕があるなら最強の電子楽譜環境が構築できるデバイスといえるでしょう。

いずれは電子ペーパーも安くなるでしょうから同様のコンセプトを持つデバイスの登場に期待したいです。

楽器を弾くものにとって電子楽譜は便利であり、安価で使いやすいデバイスがでれば普及が進むのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました