電子楽譜を始める方法を解説~電子楽譜リーダー選びから紙の楽譜のスキャン、具体的な方法まで

電子化した古い楽譜の画像ギター用品

楽譜の電子化にはさまざまなメリットがあります。しかしながら、そのメリットを享受するためには、機器をそろえ、紙の楽譜をスキャンしてPDFにするなどの作業が必要です。この記事ではそんな楽譜を電子化するための方法を紹介した本サイトの記事をまとめています。

クラシックギター情報交換掲示板を開設しました
クラシックギターの情報を交換するための掲示板を設定しました。是非ご利用ください。イベント情報やセール情報、クラシックギター関連の小ネタも投稿中です。

電子楽譜のメリットとデメリット

電子楽譜は紙の楽譜に比べてすべての面で優れているわけではありません。

電子楽譜のメリットとデメリットを解説しています:

電子楽譜リーダー選び

楽譜を電子化するなら、電子楽譜リーダーが必須です。

こちらの記事で選び方とおすすめの端末を紹介しています:

iPhone/Androidスマートフォンを使って安く電子楽譜環境を整える方法もあるので、まずはこちらを試すのもおすすめです:

残念ながら日本で売られていた電子楽譜リーダー「GVIDO」は販売終了となりました。

紙の楽譜の電子化

まだまだ紙でしか売っていない楽譜が多く、大量の紙の楽譜を持っている方も多いでしょう。

紙の楽譜をスキャンしてPDF化し、電子楽譜にする方法を解説しています:

すべての楽譜を電子化するのではなく、一部を電子化するというのも手です:

電子楽譜の購入、入手

電子楽譜のメリットの1つが、海外の出版社から直接買うと中間マージンを省くことができ、日本で紙の輸入楽譜を買うよりかなり安いことが挙げられます:

実際に購入してみたレポートはこちらにあります:

著作権が切れた曲であれば、IMSLPなどから無料で電子楽譜が入手できます:

日本の出版社や印刷会社も電子楽譜化に向けた動きを見せています。

電子楽譜に必要なグッズや便利な周辺機器

電子楽譜環境を整えるのに必要なグッズや便利な周辺機器を紹介しています。

家にあった100冊以上の楽譜を電子化した実録レポート

我が家にあった100冊以上の楽譜を実際に電子化しました。その実録レポートを順次お届けします。

タイトルとURLをコピーしました