超豪華!4台のトーレスのギターを使ってLAGQが4重奏を披露した動画が公開に

4台のトーレスを弾くLAGQの画像イベント、セール情報

トーレスのクラシックギターといえば、数あるクラシックギターのなかでも最も貴重なものであり、1台だけでも演奏に使われれば注目を集めます。それがなんと、4台ものトーレスが集まり、さらに現代最高のクラシックギターカルテットであるLAGQがそれらを使って演奏をしたが動画が公開されたのです。これはクラシックギターが好きな方には見逃せません。

クラシックギター情報交換掲示板を開設しました
クラシックギターの情報を交換するための掲示板を設定しました。是非ご利用ください。イベント情報やセール情報、クラシックギター関連の小ネタも投稿中です。

LAGQが4台のトーレスを使って3曲披露した動画が公開に

このクラシックギター弾きならだれもが驚く企画は、アメリカのギター店であるGuitar Salon International(GSI)がおこないました。

The Grammy Award-Winning Ensemble, Los Angeles Guitar Quartet, Records at GSI on Four Antonio de Torres Guitars!

演奏は現代最高のギターカルテットであるLos Angeles Guitar Quartet(LAGQ)によっておこなわれ、それぞれのメンバーが異なるトーレスの楽器(後述)を演奏しています。

公開された曲は、

  • フレデリック・ハンドの「コラール」
  • ジョルジュ・ビゼーの「ハバネラ」
  • マヌエル・デ・ファリャの「カンシオン・デル・フエゴ・ファトゥオ」

の3曲です。

それぞれ、以下で視聴することができます:

4台のアントニオ・デ・トーレスのギターを使用

この動画では使われたトーレスの楽器は、

  • カネンガイザー:FE17(スプルース、メイプル)
  • ディアマン:SE114(スプルース、中南米ローズウッド)
  • グリーフ:SE49(スプルース、メイプル)
  • テナント:1864年製(FE/SE型番なし?スプルース、中南米ローズウッド)

の4本です。

FE17、SE14、SE49の3本はタレガが以前所有していた楽器とされ非売品だそうです。

1864年製のものは売られていますが、価格はお問い合わせとなっています。

総額いくらなんだろう、と考えるのは無粋でしょうか?

FE/SEといったトーレスのギターにつけられた型番については以下の記事を参照ください:

二度とない機会かも、ぜひ動画を観てほしい

4台のトーレスが集まる機会は今後あるかどうかという機会だと思います。

また、それをLAGQが弾くというのも貴重です。

このような演奏が動画で見られるとは、つくづくいい時代になったものだと感じます。

ぜひ動画を観て、トーレスの音を堪能してください。

追記:LAGQを古巣とするアンドリュー・ヨークが2種類のトーレスを使って自作品を演奏する動画も公開されました。

タイトルとURLをコピーしました