40種類以上の弦を使ってきた管理人がおすすめのクラシックギター用弦の記事を書きました

超豪華!4台のトーレスのギターを使ってLAGQが4重奏を披露した動画が公開に

4台のトーレスを弾くLAGQの画像イベント、セール情報
イベント、セール情報楽器

トーレスのクラシックギターといえば、数あるクラシックギターのなかでも最も貴重なものであり、1台だけでも演奏に使われれば注目を集めます。それがなんと、4台ものトーレスが集まり、さらに現代最高のクラシックギターカルテットであるLAGQがそれらを使って演奏をしたが動画が公開されたのです。これはクラシックギターが好きな方には見逃せません。

スポンサーリンク

LAGQが4台のトーレスを使って3曲披露した動画が公開に

このクラシックギター弾きならだれもが驚く企画は、アメリカのギター店であるGuitar Salon International(GSI)がおこないました。

The Grammy Award-Winning Ensemble, Los Angeles Guitar Quartet, Records at GSI on Four Antonio de Torres Guitars!
We're proud to announce that we've finally finished publishing all videos recorded by the Grammy Award-winning ensemble, Los Angeles Guitar Quartet

演奏は現代最高のギターカルテットであるLos Angeles Guitar Quartet(LAGQ)によっておこなわれ、それぞれのメンバーが異なるトーレスの楽器(後述)を演奏しています。

公開された曲は、

  • フレデリック・ハンドの「コラール」
  • ジョルジュ・ビゼーの「ハバネラ」
  • マヌエル・デ・ファリャの「カンシオン・デル・フエゴ・ファトゥオ」

の3曲です。

それぞれ、以下で視聴することができます:

4台のアントニオ・デ・トーレスのギターを使用

この動画では使われたトーレスの楽器は、

  • カネンガイザー:FE17(スプルース、メイプル)
  • ディアマン:SE114(スプルース、中南米ローズウッド)
  • グリーフ:SE49(スプルース、メイプル)
  • テナント:1864年製(FE/SE型番なし?スプルース、中南米ローズウッド)

の4本です。

FE17、SE14、SE49の3本はタレガが以前所有していた楽器とされ非売品だそうです。

1864年製のものは売られていますが、価格はお問い合わせとなっています。

総額いくらなんだろう、と考えるのは無粋でしょうか?

FE/SEといったトーレスのギターにつけられた型番については以下の記事を参照ください:

二度とない機会かも、ぜひ動画を観てほしい

4台のトーレスが集まる機会は今後あるかどうかという機会だと思います。

また、それをLAGQが弾くというのも貴重です。

このような演奏が動画で見られるとは、つくづくいい時代になったものだと感じます。

ぜひ動画を観て、トーレスの音を堪能してください。

追記:LAGQを古巣とするアンドリュー・ヨークが2種類のトーレスを使って自作品を演奏する動画も公開されました。

スポンサーリンク
クラシックギター情報ブログ 最高の一音を求めて

コメント

タイトルとURLをコピーしました