ハナバッハの高級弦であるエクスクルーシヴなど、今後レビューを行う予定のクラシックギター弦のページを更新しました。こちらをクリック。

弦の感想: ラベラ 2001 ミディアムハードテンション バリュー10パック (La Bella 2001 Medium Hard Tension Value 10 Pak)

4.0
ラベラ 2001 Value 10 Pakの袋
弦の感想

最近ミディアムテンションを使って好感触だったラベラ2001ですが、もう少し低音の力強さがあってもいいかと思い1段階上のミディアムハードテンションを買ってみました。いろいろ調べてみると、バリュー10パックというまとめ買いで安い製品があることを知りました。試しに購入です。

以下の記事で本ブログの弦のレビュー/感想/情報記事をまとめています

クラシックギター 弦に関する記事、感想、レビューまとめ
このブログで紹介している弦の感想およびレビュー記事をまとめたものです。記事を追加したらこのページにも追加していきます。ざっくり弦の特徴を知りたい方へ目的や用途に応じたお勧め弦をまとめてみました。こちらをご覧ください。...
スポンサーリンク

歴史がありアンドリューヨークも使っているラベラ

ラベラはかなり歴史のあるメーカーであり、一方で新しい製品を次々開発しているせいりょきなメーカーです。

私も試しに2001のミディアムテンションを使ってみましたが、かなり好感触でした。

ミディアムテンションも良かったですが、もう少し低音に力強さがあってもいいかなと思いテンションの少し高いミディアムハードテンションを買おうと思いました。

ちなみに、アンドリューヨークはミディアムハードテンションを使っているようです。

テンション情報は上の記事を参照ください。

10セットまとめ買いでお買い得なバリュー20パック(Value 10 Pak)

そんなわけで2001のミディアムハードテンションを探していたところ興味深いセットを見つけました。

Value 10 Pakという製品なのですが、なんと弦が10セット+おまけで4弦が3本ついてお買い得な価格で購入できます。残念ながら日本では売られていないようですが、以下の記事で紹介しているStrings by Mailなどの海外通販サイトで購入できます。

比較すると普通にセット弦を買うよりも20%~30%引きくらいで購入できます

ただし、ギター教室の先生やギター製作家向けの製品と位置付けられており、短期間で大量の弦を消費する人向けのようです。このため、通常のセット弦に比べると保管面で考慮がされていない可能性があります。

とはいえ、圧倒的に安いのと興味があったので購入してみました。

巨大な袋に入ったValue 10 Pak

自宅に届いて開けてみると、こんな感じの袋に入っていました。

ラベラ 2001 Value 10 Pakの袋

まさに業務用!といった趣の袋です。通常の1セット版に比べると地味ですし、袋自体書類を入れる袋風でペラペラです。

ラベラ 2001 Value 10 Pakの中身

中にはこのように、1つの弦の種類ごとにジップつき袋に入れられています。すべての弦が1つの袋に放り込まれているとか、そもそも袋にすら入っていない事態も想定していたのでちょっと安心しました。

一方、1セットずつ袋に入っていたらもう少し楽なのに、とも思いましたが、コストカットのためなのでしょう。

4弦だけ13本、他は10本ずつ1つの袋に入っています。

ラベラ2001 Value 10 Pakの大きさ

上で巨大な袋、と書きましたが、普通の1セットの弦と比べるとこれくらいの差があります。10本の弦を束ねるのにどうしても半径が大きくなるのでしょうね。

ラベラ2001 Value Pakの1本の弦を取り出す

束ねられた弦の束から1本の弦を取り出すには、単純に1本ずつほどいて取り出します。10本から1本取り出すのは難しくなかったですが、そのうち巻きが緩まってほどけてしまいそうです。幸い、大きめの半径なので袋に戻すのは難しくはなさそうです。

湿度が不安なのでクーラーボックス保管

思ったよりも利用する面では問題がなさそうですが、保管の面では不安があります。

普通のラベラのセットは湿度を遮断するパッケージに入っており、長期保管も安心です。

一方、このValue 10 Pakはどう考えても湿度を遮断する構造になっていません。ただのペラペラのビニール製ジップ付き袋ですし。

元々ギター教室の先生やギター製作家向けとなっていたので、長期保管を想定しないパッケージなのでしょう(だから安い)。

さすがに個人で使うには長期保管が避けられないので以下の記事で紹介しているクーラーボックス保管にしました:

これなら安心です。

音は結構分厚め、低音が力強い

ラベラ2001ミディアムテンションの少し低音が強いだけかと思いましたが、意外と音が違いました。

高音、低音ともに音がぶ厚く感じます。この前に張っていたのがプロアルテのライトテンションやFOEHNといった軽い系のものだったからということもありますが、弾いていてしっかりした弾きごたえがあります。

テンションの面から言うとミディアムテンションから低音弦のテンションが違うだけなのですが。。。

低音弦は結構力強いです。ぼけたような低音ではなく、金属的な輝きもありながら力強さも感じられる系です。一方、スピード感は控えめかと。

また、低音弦の巻弦が太いのか、親指以外の爪で6弦を弾いた際のノイズが少し気になりました。弾き方を注意した方がいいかもしれません。

これと決めればお得なセット、気に入らなければ…

私としてはこのラベラ2001ミディアムハードテンションの音は気に入ったので、これを安く買えるValue 10 Pakhはありがたいセットでした。

しかしながら、初めて買う人にはお勧めできないセットかと思います。1か月に1度変えたとしても10か月は持ちますし。まずは1セット版を買って、気に入ったらセット購入がいいかと思います。

ただ、好みも変わったりするので、なかなか10セットというのは決断が必要かもしれません。

私はこれと他の弦を交互に使っていきたいと思います。…次に弦を買うのはいつになるやら(笑)

スポンサーリンク
クラシックギター情報ブログ 最高の一音を求めて

コメント

タイトルとURLをコピーしました