40種類以上の弦を使ってきた管理人がおすすめのクラシックギター用弦の記事を書きました

弦の感想: ヘルマン・ハウザー ミディアムテンション(Hermann Hauser Medium Tension)

4.5
ヘルマン・ハウザー弦 ミディアムテンション
弦の感想

ヘルマン・ハウザーといえばクラシックギターをやっている方であれば知らない人はいない名工。あこがれを抱きつつも、その価格から手が出ないという方も多いことでしょう。そんなヘルマン・ハウザーが出荷時に楽器に張っている弦が日本で発売されました。張ってみたのでレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

ハウザーの出荷時に張られている弦

ヘルマン・ハウザー弦は、ハウザーの楽器の出荷時に張られている弦です。

有名なクラシックギター製作家のなかには、自分のブランドでクラシックギター用弦を製作しているところがあり、ヘルマン・ハウザー弦もそのなかの1つとなっています。

この弦、海外では売られていたのですが、日本国内では売られておらず、ある意味幻の弦でした。

しかしながら、2021年についにクロサワ楽器で取り扱い開始

日本でも気軽に買えるようになっています。

ちなみに、価格は3,300円とクラシックギター弦のなかではちょっとお高め。

ただ、内外の価格差が大きいクラシックギター弦のなかで、ヘルマン・ハウザー弦は海外でも同じような価格で売られており、クロサワ楽器は頑張っています。

シンプルなパッケージ

パッケージはこんな感じです。

ヘルマン・ハウザー弦 ミディアムテンション

紙のエンベロープに包まれた弦がビニールの包装のなかに入っている、シンプルなものです。

もちろんMade in Germany、ドイツ製です。

各弦が入っているエンベロープは単色刷りでかなりシンプル。弦番号を表す部分はハンコで押されており、手作り感があります

左上の枠には何が入るのでしょうか?

裏には、伝統的な方法で専門家により手作りされている旨と、3つのテンションがあることが書かれています。

太めの弦、普通の見た目

張った感想としては、全体的に少し太めだと感じました。

テンションが高いわけではないのですが、最近の弦に比べると太めであり、懐かしさを覚えます。

高音弦は割と透明度の高いナイロンで、端に青い色が付けられています。テンションを区別するためなのでしょう。

ただ、この色が取れやすく、弦をつける作業でかんたんに指に色がついてしまいました

確かハナバッハもこんなのだったような。。。

洗い落とすのもかんたんなのでいいのですが、ギターにはつかないようにしたいところです。

太めの音で鳴る、和音が気持ちいい

それでは音の感想を。

第1印象としては、とにかく太く柔らかく鳴ると感じました。

最近はやりのスピード感のある音や、音量が大きい音からはかけ離れ、よく言えば太く、悪く言えばこもった音です。

単音で弾くとそんな感想なのですが、実際に曲を弾くと印象が変わります。

太めの音が気持ちよく響いてくれて、癒される音がするのです。

ああ、クラシックギターってこんな音だよね、こういう音にあこがれて始めたんだよね、ということを思い出させてくれます。

また、小音量できれいに響くのも印象的でした。

最近の音量やスピード感重視の弦は、しっかり弾くと良い音が出るのですが、小音量での音がいまいちなものがあります。

しかしながら、ヘルマン・ハウザー弦は、小さい音の和音が美しいです。いつまでも慈しみながら弾いていたくなります

時間とともに音が変わったら追記したいと思います。

クラシックギターの音を楽しみたい、癒されたい方へ

ヘルマン・ハウザー弦は、最近のとにかく音量を!反応の速さを!という風潮とは違い、クラシックギター本来の音を楽しませてくれる弦です。

少しお高めの価格はネックですが、クラシックギターの良さをもう一度見直すのにピッタリです。

ハウザーの楽器を持っている方も持っていない方も、ぜひいろいろな方に使ってもらいたいと思います。

スポンサーリンク
クラシックギター情報ブログ 最高の一音を求めて

コメント

タイトルとURLをコピーしました