40種類以上の弦を使ってきた管理人がおすすめのクラシックギター用弦の記事を書きました

弦の感想: オアシス GPX Claro(Oasis GPX Claro GX-1100HC)

弦の感想

オアシスというと日本ではギター用湿度調整グッズのメーカーとして知られています。実は、クラシックギター用の弦も販売しているんです。今回はそんなオアシスのラインナップのなかから、GPX Claroというセットをレビューします。1弦が特殊なナイロン、2,3弦がカーボンという変わったセットです。

スポンサーリンク

ギター用湿度調整グッズで有名なオアシス

オアシスというと、ギター用湿度調整グッズで有名です。こんな感じのギターのサウンドホールに入れる加湿器を一度は見たことがあるのではないでしょうか?

Oasis オアシス ギターヒューミディファイアー(加湿器) Guitar Humidifier OH-1
Oasis
Humigel高水性結晶粉末により水分がジェル化。ゆっくりと時間をかけて水分を発散します。ジェル状なので、水分がこぼれて楽器にかかる心配がありません。

実際、オアシスの公式HPのURLも「https://www.oasishumidifiers.com/」となっており、湿度調整グッズがメインであることを示しています。

- for guitars, ukuleles, bass and mandolins
Oasis Humidifiers for fine wooden instruments including guitars, ukuleles, 3/4 bass and mandolins. Accessories for classical guitar players

しかしながら、実はオアシスの製品は湿度グッズだけでなく、クラシックギター関連の多岐にわたるアクセサリーを販売しています

その中から今回は、クラシックギター用の弦を試してみたいと思います。

オアシスのクラシックギター用弦についてはこちらの記事を参照ください。

1弦がClaro、2,3弦がGPXカーボン弦のセット

今回試したのは、GPX Claro Stringsと呼ばれるセット。

オアシスにはもともとGPXという、高音弦3本がカーボン弦のセットがありました。

これに対して、1弦をナイロン弦のClaroに変えたものがこのセットです。

したがって、1弦がナイロン弦、2,3弦がカーボンという変わった構成になっています。

2,3弦をカーボン弦にするのはプロのなかにはやっている人がいますが、公式セットして販売しているのはこれくらいしか見たことがありません。

低音弦はソステヌート(Sosutenuto)と呼ばれる、普通の銀色の見た目の弦です。

オアシスには、

  • 3本ともナイロン弦
  • 3本ともチタニウム弦
  • 3本ともカーボン弦
  • 1弦がナイロン弦、2,3弦がカーボン弦

のセットがありますが、4種類とも低音弦はすべてこのソステヌートを使っているそうです。

低音弦がわかりやすい

パッケージ裏にはGPXの説明が書いてあります。オアシスはアメリカのメーカーで、メリーランド州にあるんですね。あのあたりってこんな「オアシス」があるところなんだったけ・・・?

1~3弦は紙パッケージ、低音弦は空気を遮断するビニールパッケージに入っています。

低音弦には弦ごとに色がついていてわかりやすいです。赤が6弦、青が5弦、なにもついていないのが4弦です。1つのパッケージに入っているとどれがどの弦なのかわかりにくいですが、こうやってしるしをつけてくれているのはいいですね。

アクイーラとか、本当にわかりづらいので。。。

弦は安定も速く、使いやすい印象です。

全然キンキンしない高音弦

まずは気になる高音弦から。

2,3弦のGPXカーボン弦はまったくキンキンした音がしません。本当にカーボン弦?と思うようなまろやかな音です。フィガロのClearのようです。

1弦のClaroはそれにもましてまろやか。なのですが、GPXとのバランスをとるためか、普通のナイロン弦よりははっきりした音かな?

カーボン弦特有のキラキラした音を期待して使うと肩透かしを食うかもしれませんが、バランスという意味ではいい感じなのではないでしょうか。

上に乗っているのがClaroの1弦、張ってある2,3弦がGPXです。見た目的には、透明感のある1弦に対して、2,3弦は少し半透明。といっても、いわれないと気付かないくらいです。

テンションはハイテンションということもあり結構高め。慣れていないと指が疲れます。

太い音の低音弦、4弦がちょっとにぶいか

低音弦もギラギラした金属的な音というよりは太い音が鳴ります。

個人的にはちょっと4弦が鈍いかな?とも思いました。これは個体差あるいは不良弦である可能性もあります。

ただ、高音弦と合わせて弾くとちゃんと存在感があり、決して低音が弱いということはありません。

むしろ、トータルバランスとしては、突出したところがなく、いい感じであると感じました。

単音で弾くとちょっと物足りないのに全体で弾くとバランスがとれているというのは面白い感覚です。

バランスの取れた音を望む人におすすめ

1弦と2,3弦の材質が違うということで、かなりとんがった音なのかと思いきや、オアシスのGPX Claroはかなりバランスの取れた使いやすい弦であると感じました。

いくら単音の音がよくても、音楽としてバランスがとれていないと結局はつかいづらいですからね。

ちょっとテンションが高いのが気になるところではありますが、面白い弦です。

日本では売っていないのが残念ですが、オアシスの製品自体は日本でも売っているので、そのうち入ってくる、といいなぁ。

スポンサーリンク
クラシックギター情報ブログ 最高の一音を求めて

コメント

タイトルとURLをコピーしました