ギター弦の評価、感想、実体験レビューを70種類以上紹介!選び方や張り替え方法、豆知識なども

サバレス カンティーガ プレミアムとカンティーガの6弦(ノーマル、ハイテンション)

This post is also available in: English (英語)

気がつけばこのサイトで評価をおこなってきた弦の種類が70種類になりました。それらの評価すべてをこのページにまとめています。また、弦メーカーについての豆知識、選び方、張り替え方法なども紹介しています。ぜひ参考にしてください。

おすすめの弦が知りたい方へ

これまで70種類ほどのクラシックギター弦を使ってきた本サイトの管理人が、本音で選んだおすすめの弦です。ぜひご覧ください。

ざっくり弦の特徴を知りたい方へ

目的や用途に応じたお勧め弦をまとめてみました。こちらをご覧ください。

現在の弦のトレンドについてはこちらをご覧ください:

プロのギタリストが使用している弦を知りたい

入手し得る範囲で有名ギタリストが使っている弦について調査しました:

売れ筋の弦を知りたい

さまざまな店で売れているクラシックギター用の弦のランキングを調査しました。

各弦メーカーが製造している弦一覧

各弦メーカーが製造している弦をメーカーごとにまとめています:

各弦メーカーのクラシックギター用の製品一覧
各弦メーカーが製造しているクラシックギター用弦をメーカーごとにまとめています。クラシックギター用弦メーカー一覧としてもご利用ください。

弦の交換方法及びコツ

意外と知らない弦交換のコツを動画付きでご紹介しています:

テンションの比較

メーカーを超えたクラシックギター弦のテンション比較データベースがあります。

1本1本について張力が書かれており、プロアルテ ノーマルとの比較もおこなっているので役に立つでしょう。

弦の寿命、交換時期について

弦は張ったままだとどんどん寿命が短くなります。交換時期については以下の記事を参照ください。

また、以下の記事では寿命を延ばす方法を詳細に解説しています。

本番前の弦交換

コンサートや発表会、演奏会前に弦を交換するのにベストなタイミングを解説しています。

また、できるだけ早く弦の音程を安定させる方法も以下の記事で紹介しています。

フィガロ

唯一といってもいい国産クラシックギター用弦メーカーのフィガロです。

品質の高い弦をこだわって製造しています。おすすめです。

サバレス

昔はオーガスチン、プロアルテに次ぐ3番手というイメージがあったサバレスですが、今や1番人気といっても良いかもしれません。特に低音弦のカンティーガシリーズはプロの間でも人気があります。

型番と製品名の対応はこちらの記事を参照ください:

カンティーガ

しなやかな触り心地が特徴の低音弦です。バランスも良く音の変化もつけやすい優秀な低音弦です。

カンティーガプレミアム

比較的最近登場した弦で、通常のカンティーガに比べて長寿命をうたっています。

その他

ダダリオ プロアルテ

安定した品質が魅力のダダリオのプロアルテですが、カーボン弦等新しい弦も色々出しています。

型番と製品名の対応はこちらを参照ください:

新発売の弦に関する情報です:

以下からが感想記事です:

ハナバッハ

昔ながらの弦メーカーであるハナバッハです。150年の歴史があるとか。

型番と製品のまとめは以下の記事を参照ください:

以下からが各製品のレビューです:

オーガスチン

言わずと知れたナイロン弦の元祖です。

製品まとめはこちら:

各弦の音の違いをしれる動画をオーガスチン自ら公開しています。

レビューはこちら:

最近ついにフロロカーボン弦をリリースしました。

早速張ってみたので感想です:

ラベラ

日本ではいまいち人気がありませんが、実はかなり老舗の弦メーカーです。

最近日本で正式に取り扱い始めたみたいなので試してみました。

以下がリリースしている弦のラインナップまとめです:

以下からが各弦のレビューです:

ドーガル

マンドリンやバイオリンではかなり有名なイタリアの弦メーカーのドーガルです。他のメーカーとは一味違った個性的な弦を出しています。特にマエストラーレは話のタネに一度試すと良いです。

こちらがラインナップです:

ここから感想です:

アクイーラ

イタリアの弦メーカーです。ウクレレ用弦が有名ですが、クラシックギターも様々な弦を出しています。

まずはまとめです。

こちらで各弦の音色が聴けます:

こちらからレビューです:

オプティマ

マンドリンでは有名なドイツの弦メーカーのオプティマです。カーボン弦が安いです。

弦のまとめはこちら:

レビューはこちら:

ロイヤルクラシックス (Royal Classics)

クラシックギターの本場、スペインの弦メーカーです。

レビューはこちらから:

ヘルマン・ハウザー(Hermann Hauser)

ギターの名工の家系であるヘルマン・ハウザーが自身の楽器に出荷時につけている弦です。

2021年にクロサワ楽器から日本で発売されました。

レビューはこちら:

ノブロック (Knobloch)

日本ではあまり知られていませんが、海外では評価の高いスペインの弦メーカーです。

レビューはこちら:

ヤマハ

日本が誇る大手楽器メーカーです。クラシックギター用の弦も販売しています。

個別弦のレビューはこちら:

ベルナベ

高級クラシックギターの製作家として名高いベルナベが弦を販売しています。弦も高級ですが、品質は高いです。

ホセ・ラミレス

世界で最も知られたクラシックギターブランドであると思われるホセ・ラミレスも弦を販売しています。昔ながらの音で、魅力的です。

ペペ・ロメロ弦

ペペ・ロメロの息子であるペペ・ロメロJrはギターの製作家であり、そのブランドで弦を販売しています。

セシリア

「弦」という漢字が書いてありながらアメリカのメーカーといううわさがあったり、実はドーガルに製造委託しているといううわさがあったりする謎のメーカーです。昔からある弦でファンも多いです。

アランフェス

同じく昔ながらの弦メーカーであるアランフェスです。なかなか見かけなくなりました。

製造している弦一覧はこちら:

レビューはこちら:

ルシエール (Luthier)

フラメンコギター弦で有名なルシエールです。

オアシス(Oasis)

ギター用の湿度調整グッズで有名なオアシスの弦です。

製造している弦の一覧はこちら:

レビューはこちら:

FOEHN

日本のネット楽器店が展開するクラシックギター弦です。1セット300円台で売られていることもあり格安です。

PLAYTECH

楽器関連のネット通販で有名なサウンドハウスのオリジナルブランドです。なんというか、安さにつられて手を出してはいけない弦です。

Amazon

あのAmazonがプライベートブランドの「Amazonベーシック」でクラシックギター弦を販売しています。

珍しいボールエンドのクラシックギター用弦

実はボールエンドのクラシックギター用弦もあります。普通のクラシックギターにも使えます。

今後評価を行う予定の弦

すでに購入/入手済みだがまだ評価を行っていない弦を紹介しています。要望や寄付も歓迎です。

その他弦に関する話題

特定の弦に関するレビューではなく、弦に関する話題の記事です。