ワイヤレスでスマホに高音質録音!SmartMike+は2台でさらに便利に

SmartMike+の画像ギター用品

ギターの演奏を高音質に録音したいときに使いたいスマホ用外付けマイクですが、一般的なマイクはスマホのコネクタに直接つなぐか、ケーブルを介してつなぐ必要があり、ちょっと取り回しが面倒です。SmartMike+はワイヤレスで高音質な録音ができ、2台そろえればさらに便利に使えるというコンセプトの面白いスマホ用マイクです。

クラシックギター情報交換掲示板を開設しました
クラシックギターの情報を交換するための掲示板を設定しました。是非ご利用ください。イベント情報やセール情報、クラシックギター関連の小ネタも投稿中です。

Bluetoothでスマホと接続する高音質マイク

SmartMike+は、Bluetoothでスマホと接続できるマイクです。

SabineTek SmartMike+超小型ワイヤレスマイク Bluetoothで繋がりiPhone/Androidに対応 真のノイズリダクション機能付き、ボーカルに損害なくノイズのみ削除 レシーバーが必要なし、一枚でも48KHzのフルバンドオーディオを録音できます。 (smbk)
Sabinetek
【ノイズリダクション】高性能インテリジェントアルゴリズムを搭載し、ノイズの発生を抑え、クリアな音声収録を可能にします。また、ウインドジャマーの効果は良好です。二重に張られた高密度フィルターを搭載しており、「パピプペポ」などの発音時に生じるポップノイズ(破裂音)を効果的に軽減します。SmartMike +には無料iPhoneとAndroidアプリが付属しており、オーディオとビデオの作成を完全に制御できます。

バッテリーを内蔵しており、最長で6時間の録音ができます。

YouTube/Facebook用の動画撮影に便利

YouTubeやFacebookに自分の演奏動画をアップする人は多いかと思いますが、スマホで動画を撮影した場合、画像のために適した場所にスマホを置くと必ずしも音質がよくないということがあり、逆もまたしかりです。

SmartMike+はワイヤレスでスマホと接続することから、スマホは動画撮影用に適した場所に置き、SmartMike+は音を録音するために適した場所に置くことができます

動画と音、両方にこだわった動画をアップすることができるでしょう。

軽くて小さい、15mの伝送距離

SmartMike+は、軽くて小さい点がうれしいポイント。

最近のスマートフォンは大きく、重さも200gほどありますが、SmartMike+はわずか15gの手のひらサイズです。

また、15m離れていても通信ができるため、スマートフォンを遠くに置いておいても録音ができます。

クリップも付いているため、譜面台などに気軽に取り付けることができるのもうれしいですね。

高音質に録音可能

ワイヤレスマイクというと音質が気になるところですが、SmartMike+は高音質で録音できる点を売りにしています

独自の特許取得済みプロトコルを使用し、Bluetooth接続でありながら高品質かつステレオで録音ができるそうです。

さらに、専用の単一指向性マイクもオプションとして用意されており、これを使えばより細かい音まで拾うことが可能です。

SabineTek SmartMike+単一指向性マイク…
Sabinetek
VlogMic+ プラグインマイク: 直径9.7mmのコンデンサーダイヤフラム、高解像度サウンドピックアップ、サウンドの詳細を損失しません。

セット売りもあります。

SabineTek SmartMike+超小型ワイヤレスマイク Bluetoothで繋がりiPhone/Androidに対応 真のノイズリダクション機能付き、ボーカルに損害なくノイズのみ削除 レシーバーが必要なし、一枚でも48KHzのフルバンドオーディオを録音できます。 (smbk+mic)
Sabinetek
【ノイズリダクション】高性能インテリジェントアルゴリズムを搭載し、ノイズの発生を抑え、クリアな音声収録を可能にします。また、ウインドジャマーの効果は良好です。二重に張られた高密度フィルターを搭載しており、「パピプペポ」などの発音時に生じるポップノイズ(破裂音)を効果的に軽減します。SmartMike +には無料iPhoneとAndroidアプリが付属しており、オーディオとビデオの作成を完全に制御できます。

ノイズリダクション機能を搭載

アプリを使用することで、ノイズリダクション機能を利用することができます

騒音が多い環境でも、きれいに録音ができるでしょう。

このアプリを使えば、ノイズリダクションだけでなく、動画を撮影しながらの録音、ゲイン調整、リアルタイムでのミキシングなどさまざまな編集ができます。

AIによる文字起こしが可能

120以上の言語を認識できるAIを搭載しているため、録音から音声を文字に起こすことができます

たとえばマスタークラスなどの解説を文字にして後から見返したり、打ち合わせの議事録をつくったりするのに役立つでしょう。

iPhone/iPadとAndroid両対応

スマートフォン対応のマイクだと、コネクタの違いから、iPhone/iPadのどちらかしか対応していなかったり、コネクタを付け替えて対応する必要があったりします。

SmartMike+はワイヤレス接続なので、iOS/Androidどちらとも問題なく使用することが可能です。

もちろん、アプリは両方に用意されています。

2台のSmartMike+でさらに便利に

SmartMike+には、2台を組み合わせることでさらに便利に使える機能が搭載されています。そして、そのための2台セットモデルもあるのです。

SabineTek SmartMike+ 充電式ワイヤレスBluetoothマイク(黒2枚)- SmartMike+専用単一指向性マイク(2枚)+サウンドピックアップ品質を向上 アクティブノイズリダクション機能付き
Sabinetek
【ノイズリダクション】高性能インテリジェントアルゴリズムを搭載し、ノイズの発生を抑え、クリアな音声収録を可能にします。また、ウインドジャマーの効果は良好です。二重に張られた高密度フィルターを搭載しており、「パピプペポ」などの発音時に生じるポップノイズ(破裂音)を効果的に軽減します。SmartMike +には無料iPhoneとAndroidアプリが付属しており、オーディオとビデオの作成を完全に制御できます。

大きく分けて2つのモードがあります。

1台をマイク、1台を受信機として使う

1つ目のモードは、1台をマイク、1台を受信機として使うモードです。

受信機にオーディオケーブルを接続することで音声を出力することができ、カメラ、PC、アンプ/スピーカーなど、あらゆる機器でマイクで受信した音を利用することができます。

たとえば、ギターの音をスピーカーで増幅したい場合、長いケーブルをスピーカーまで引き回す必要がなく、ワイヤレスでかんたんかつ見た目もすっきりとつなげることができるでしょう。

2台のSmartMike+で同時録音

もう1つのモードが、2台のSmartMike+で同時に録音するモードです。

たとえば2重奏を録音する場合、2人の間に1台のマイクを置くことが多いかと思いますが、この場合それぞれの音が必ずしも最良の状態で録音できるとは限りません。

2台のSmartMike+をそれぞれの奏者の音がいい音でとれる場所に置くことで、より美しい音で演奏が録音できるでしょう

より手軽かつ高音質に動画撮影や録音をしたい方へ

スマートフォンに接続して使えるマイクは色々ありますが、ワイヤレスで録音できるものは珍しいです。

しかも、2台で連携できるものというとこれくらいしかないのではないでしょうか。

より手軽かつ高音質に動画撮影や録音をしたい方は、SmartMike+を導入してみてはいかがでしょうか?

SabineTek SmartMike+超小型ワイヤレスマイク Bluetoothで繋がりiPhone/Androidに対応 真のノイズリダクション機能付き、ボーカルに損害なくノイズのみ削除 レシーバーが必要なし、一枚でも48KHzのフルバンドオーディオを録音できます。 (smbk)
Sabinetek
【ノイズリダクション】高性能インテリジェントアルゴリズムを搭載し、ノイズの発生を抑え、クリアな音声収録を可能にします。また、ウインドジャマーの効果は良好です。二重に張られた高密度フィルターを搭載しており、「パピプペポ」などの発音時に生じるポップノイズ(破裂音)を効果的に軽減します。SmartMike +には無料iPhoneとAndroidアプリが付属しており、オーディオとビデオの作成を完全に制御できます。
タイトルとURLをコピーしました