40種類以上の弦を使ってきた管理人がおすすめのクラシックギター用弦の記事を書きました

プロのクラシックギタリストが使っている弦

プロアルテEXPノーマルと普通の弦の比較
豆知識

美しい音を紡ぎだしているプロのクラシックギタリストですが、良い楽器に加えて理想の弦を使っているに違いありません。有名なプロのクラシックギター弾きが使用している弦を調べてみました。

スポンサーリンク

有名なトップギタリストが使っている弦の調査

調査は各弦メーカーが公開しているアーティスト情報をもとに行いました。

各弦メーカーはプロのギタリストと契約しているらしく、使用している弦の情報が公開されています。おそらく、弦を無償あるいは格安で提供する代わりに使っていることを公開させてもらっているのでしょうね。

ただし、これらの情報は、公開された時点では使っていたのでしょうが、今現在も使っているとは限りません。もしかすると、同じメーカーの違う弦を使っているかもしれませんし、違うメーカーに移っているかもしれません。とはいえ、少なくともその時点では使っていたのでしょうし、今現在も使っているかもしれません。

メーカー別プロのクラシックギタリストの使用弦

ここからはメーカー別に有名なプロギタリストの使用弦をまとめます。

サバレス (Savarez)

フランスの弦メーカー、サバレスです。カンティーガがかなり人気であり一番勢いのあるメーカーであるように思います。

勢いがあるだけあってギタリストの数も多いです。

村治佳織

病気の療養で休んでいましたが、最近復帰してCDをリリースしたギタリストです。

ニュークリスタルコラムのハイとニュークリスタルカンティーガポリッシュのハイを使っているそうです。以前は高音がオーガスチンのインペリアル、低音がサバレスのコラムという話でしたが変えたのでしょうか?

CUERDAS GUITARRA CLASICA - Savarez (500/CJ) Corum New Crystal Azul (Juego Completo)
SAVAREZ
CUERDAS GUITARRA CLASICA - Savarez (500/CJ) Corum New Crystal Azul (Juego Completo)

(追記): 現代ギターのインタビューによるとやはりインペリアルとコラムのハイテンションの組み合わせを使っているそうです。まさにこのセットです:

福田進一

日本のクラシックギター界の重鎮、福田進一です。

ニュークリスタルカンティーガのノーマルと、ポリッシュ版のハイを使っているそうです。複数のギターを持っているようなので使い分けているのでしょうか。

ローラン・ディアンス (Roland Dyens)

2016年に惜しまれつつもなくなったギタリストであり作曲でもあるディアンスです。

アリアンスのHTクラシック・ノーマル/ハイとアリアンスカンティーガのハイテンションを使っていたそうです。カーボン弦の切れのある音が好きだったのでしょうか。

Maximo Diego Pujol (マキシモ・ディエゴ・プホール)

日本ではどちらかというと作曲家として知られているアルゼンチンのギタリストです。

クリエイションカンティーガのハイを使っているそうです。

SAVAREZ サバレス クラシックギター弦 クリエーションカンティーガ ハイテンションセット 510MJ
SAVAREZ
“クリエイション・カンティーガ" は、ミュージシャンからのリクエストが多かった、「1、2弦ナイロン」、「3弦アリアンス」、「4~6弦カンティーガ」のセットです。

Andrew York (アンドリュー・ヨーク)

作曲家としてもギタリストとしても日本で人気のあるギタリストです。

弦メーカーの公式情報ではありませんが、Strings by Mailのデータベースによると2, 3弦にアリアンスのノーマルテンションを使っているそうです。

SAVAREZ サバレス クラシックギター弦 ノーマルテンション2弦 542R (2nd)
SAVAREZ
「アリアンス」は、ピッチの正確さ、各弦のテンションバランス、耐久性に優れたサバレスのスタンダードモデルです。

William Kanengiser (ウィリアム・カネンガイザー)

ロサンゼルスギターカルテット(LAGQ)のメンバーとしてもソロギタリストとしても有名なギタリストです。

こちらも弦メーカーの公式情報ではありませんが、Strings by Mailのデータベースによると1弦がニュークリスタル、2, 3弦にアリアンス、低音弦にカンティーガのハイテンションを使っているそうです。クリエイションカンティーガの2弦をアリアンスに変更した感じですね。

SAVAREZ サバレス クラシックギター弦 クリエーションカンティーガ ハイテンションセット 510MJ
SAVAREZ
“クリエイション・カンティーガ" は、ミュージシャンからのリクエストが多かった、「1、2弦ナイロン」、「3弦アリアンス」、「4~6弦カンティーガ」のセットです。

Scott Tennant (スコット・テナント)

ロサンゼルスギターカルテット(LAGQ)のメンバーとして有名なギタリストです。

ニュークリスタルカンティーガのハイとクリエイションカンティーガのノーマルを使っているそうです。

SAVAREZ サバレス ギター弦 クリエーションカンティーガ 510MR
SAVAREZ
“クリエイション・カンティーガ" は、ミュージシャンからのリクエストが多かった、「1、2弦ナイロン」、「3弦アリアンス」、「4~6弦カンティーガ」のセットです。

益田正洋

30枚以上のCDをリリースし精力的に活動しているギタリストです。

アリアンスカンティーガのミックステンションを使っているそうです。

谷辺 昌央

東京大学出身の愛知県出身のギタリストです。

サバレスのニュークリスタルカンティーガとクリエイションカンティーガのハイテンションを使っているようです。

SAVAREZ サバレス クラシックギター弦 クリエーションカンティーガ ハイテンションセット 510MJ
SAVAREZ
“クリエイション・カンティーガ" は、ミュージシャンからのリクエストが多かった、「1、2弦ナイロン」、「3弦アリアンス」、「4~6弦カンティーガ」のセットです。

Jose Gallardo Del Rey (ホセ・ガジャルド・デル・レイ)

カリフォルニア組曲などの作曲者としても有名なスペインのギタリストです。

アリアンスカンティーガとアリアンスカンティーガプレミアムのノーマルを使っているそうです。

SAVAREZ 510 ARP Normal tension ALLIANCE/Cantiga PREMIUM クラシックギター弦
SAVAREZ
アリアンス高音弦 カンティーガプレミアム低音弦のセット

Thibaut Garcia (ティボー・ガルシア)

映画「マチネの終わりに」にも出演するというフランスのギタリストです。

クリエイションカンティーガプレミアムのノーマルとアリアンスのHTクラシック ハイを使っているそうです。

Thomas Csaba (トマ・チャバ)

2014年の東京ギターコンクールで優勝したフランス人です。ニュークリスタル・コラムのハイとアリアンスカンティーガのハイを使っているそうです。

CUERDAS GUITARRA CLASICA - Savarez (500/CJ) Corum New Crystal Azul (Juego Completo)
SAVAREZ
CUERDAS GUITARRA CLASICA - Savarez (500/CJ) Corum New Crystal Azul (Juego Completo)

メン・スー (蘇 萌、MENG SU)

パークニング国際ギターコンクールで優勝し、2018年に来日公演を行い公表を博した若手ギタリストです。

サバレスのアリアンスカンティーガプレミアム・ハイテンションを使っているそうです。

SAVAREZ 510 AJP High tension ALLIANCE/Cantiga PREMIUM クラシックギター弦
SAVAREZ
アリアンス高音弦 カンティーガプレミアム低音弦のセット

ただし、後述しますがメン・スーはオーガスチンの弦も使っているようです。北京ギターデュオというギターデュオでも活動しており、そちらで使っているギターと使い分けているのかもしれません。

Irina Kulikova (イリーナ・クリコヴァ)

ミケーレ・ピッタルガ国際ギターコンクールで優勝したギタリストです。2013年に来日しています。

ニュークリスタルカンティーガのハイとアリアンスカンティーガのハイを使っているようです。

ダダリオ・プロアルテ (D’addario Pro-arte)

アメリカの世界的な弦メーカー、ダダリオの弦です。

Carlo Domeniconi (カルロ・ドメニコーニ)

コユンババなどの作曲で知られるギタリストです。

普通のプロアルテとEXPのノーマルを使っているそうです。

Paulo Bellinati (パウロ・ベリナティ)

ジョンゴなどの作曲者として有名なギタリストです。

コンポジットのハードテンションを使っているそうです。

Dusan Bogdanovic (ドゥサン・ボグダノヴィッチ)

ジャズ・ソナタなどの曲で知られる作曲家兼ギタリストです。

普通のプロアルテのノーマルとハード、EXPのノーマルを使っているそうです。

Elena Papandreou (エレナ・パパンドレウ)

1995年のGFAコンクールで優勝したギタリストです。ディアンスからトリアエラを献呈されています。

普通のプロアルテのノーマルとハード、EXPのハードを使っているそうです。

Ali Arango (アリ・アランゴ)

世界の主要な11ものギターコンクールを制覇したギタリストです。日本にも来日公演しています。

ダダリオのカーボンとコンポジットのハードテンションを使っているようです。

D'Addario ダダリオ クラシックギター弦 プロアルテ Carbon Hard EJ46FF 【国内正規品】
D'Addario(ダダリオ)
新開発のフロロカーボン(フッ化炭素)素材の高音弦がセットされていて高密度でハリのあるテンションが特徴

Frederic Hand (フレデリック・ハンド)

作曲家兼ギタリストとして知られているギタリストです。

普通のプロアルテ、EXP、コンポジットのノーマルと幅広く使っているようです。

Badi Assado

アサド兄弟の妹のバディアサドです。

プロアルテのハイハイテンションを使っているそうです。

Paul Galbraith (ポール・ガルブレイス)

8弦かつエンドピンを立てて弾くと言うブラームスギターで演奏するギタリストです。

普通のプロアルテのノーマルとエクストラハード、コンポジットのエクストラハードを使っているようですが、7弦と8弦はどうしているんでしょうね。

オーガスチン

最近カーボン弦のパラゴンを発売して話題になったナイロン弦の元祖、オーガスチンです。

まだパラゴンを使っているというギタリストはいないようです。

朴葵姫 (パク・キュヒ)

トレモロの美しさに定評のあるギタリストです。

オーガスチンの青を使用しているそうです。

松田弦

ドレッドヘアがトレードマークのクラシックギタリストです。

珍しく、オーガスチンのイエローを使っているそうです。日本では正式には売られていないかと思いますが、低音の巻線が金色でローテンション、高音弦は青などと同じセットです。

Eduardo Fernandez (エデュアルド・フェルナンデス)

日本でもよく来日公演をしているギタリストです。

オーガスチンのリーガルブルーを使っているそうです。

メン・スー (蘇 萌、MENG SU)

サバレスのところでも出てきましたが、オーガスチンでも出てきました。

オーガスチンではリーガル・レッドを使っているようです。

ラベラ (La Bella)

歴史のある弦メーカー、ラベラです。日本ではいまいちメジャーではないですが、かなりのギタリストが使っています。

とにかく純銀巻き弦のArgento Pure Silverが大人気です。高いけど興味が出てきます。

山下和仁

日本が誇る超絶技巧のギタリストです。

家族とともにラベラ2001のミディアムハード、Argento Pure Silverのミディアム、Argento Pure Silverのポリッシュを使っているそうです。

La Bella Argento Pure Silver Hard Tension
La Bella
パフォーマンスを極限までに高めるために研究を重ね開発されたArgentoシリーズ

Anderew York (アンドリュー・ヨーク)

日本でも人気の作曲家兼ギタリストです。

ラベラ2001のミディアムハードテンションやArgento Pure Silverを使っていると紹介されていますが、Strings by Mailのデータベースによると低音のみラベラで、高音はサバレスのようです。

La Bella Argento Pure Silver Hard Tension
La Bella
パフォーマンスを極限までに高めるために研究を重ね開発されたArgentoシリーズ

Pepe Romero (ペペ・ロメロ)

ギター界のレジェンド、ペペ・ロメロです。

ラベラの純銀製巻線を使ったArgento Pure Silverのミディアムテンションを使っているそうです。

同様にロメロファミリーもこの弦のハードテンションを使っているとか。

La Bella Argento Pure Silver Hard Tension
La Bella
パフォーマンスを極限までに高めるために研究を重ね開発されたArgentoシリーズ

Eliot Fisk (エリオット・フィスク)

アメリカの著名ギタリストです。

Argento Pure Silverのミディアムテンションを使っているそうです。

La Bella Argento Pure Silver Hard Tension
La Bella
パフォーマンスを極限までに高めるために研究を重ね開発されたArgentoシリーズ

ハナバッハ (Hannabach)

ドイツのクラシックギター専業弦メーカー、ハナバッハです。

どの弦を使っている、という情報までは公開されていませんでしたが、日本人では、

  • 新井伴典
  • 山口莉奈

がハナバッハを使っているアーティストとして公開されています。

ガリ (Galli)

イタリアの老舗弦メーカー、ガリです。

アンティゴーニ・ゴーニ (Antigoni Goni)

ギリシャ出身のギタリスト、アンティゴーニ・ゴーニはガリのGenius Titanoを使っているそうです。

少しでもお気に入りのギタリストに近づける、か?

こんな音を出したいというあこがれのギタリストは誰でもいるかと思います。

弦だけを真似してもその音が出せるわけではありませんが、せめて弦だけでも真似してみればその音の秘密がわかるかもしれません。

楽器とかテクニックはなかなかむずかしいですから。。。

スポンサーリンク
クラシックギター情報ブログ 最高の一音を求めて

コメント

タイトルとURLをコピーしました