ハナバッハのクラシックギター用の弦を全種類紹介!特徴や違い、評価、ローテンションやハイテンションの色についても解説

ハナバッハ シルバースペシャルのパッケージ

150年の歴史を持つハナバッハは様々な弦を出しています。この記事ではそんなハナバッハの弦の型番を整理してまとめてみました。なお、普通の6弦クラシックギター限定です。本部ログ内のレビューへのリンクもつけています。

以下の記事で本ブログの弦のレビュー/感想/情報記事をまとめています

ギター弦の評価、感想、実体験レビューを70種類以上紹介!選び方や張り替え方法、豆知識なども
気がつけばこのサイトで評価をおこなってきた弦の種類が70種類になりました。それらの評価すべてをこのページにまとめています。また、弦メーカーについての豆知識、選び方、張り替え方法なども紹介しています。ぜひ参考にしてください。おすすめ...
クラシックギター情報交換掲示板を開設しました
クラシックギターの情報を交換するための掲示板を設定しました。是非ご利用ください。イベント情報やセール情報、クラシックギター関連の小ネタも投稿中です。

まずは全種類の紹介とテンションの見方

ハナバッハの現在のラインナップは以下のようになっています:

型番特徴
815 Silver Specialいわゆるハナバッハの標準品
Exclusiveハナバッハの最高級弦
725 Goldin / Carbon高音がカーボン、低音が金色の合金
600 Silver-Plated比較的リーズナブルな弦
950 Titanyl高音弦がチタン弦
825 Pure Gold Plated低音弦に純金メッキを採用
900 Silver 200高品質の銀を低音弦に使用
728 Custom Made低音弦が長寿命
500 Student Classic安いシリーズ
800 Classic Guitar Stringsハナバッハの原点
1869新たな最高級弦

テンションは大体の製品が色で分かります。

テンション
スーパーハイ
ハイ
ミディアム
ロー
スーパーロー

ただし、たまにミディアムハイとかもあったり、この色の規則に従わないものもあります。

以下がそれぞれの製品の詳細です。

815 Silver Special

まずはハナバッハの中で最も売れているといわれる815 シルバースペシャルです。

このシリーズはどんな目的にも、どんな楽器にも、どんな人にも合う弦として作られているそうです。

高音弦はナイロン弦、低音弦は銀メッキの巻弦です。銀メッキの純度が高いそうです。

テンションは5種類あります:

型番テンション
815 SHTスーパーハイ
815 HTハイ
815 MTミディアム
815 LTロー
815 SLTスーパーロー

ただし、以下の記事でも紹介していますが、高音弦は2種類しかないようです。スーパーハイ/ハイが共通で、ミディアム/ロー/スーパーローが共通なようです。

Exclusive

ハナバッハの現行ラインナップの中で最高級の弦です。お値段もそれなりにします。

高音弦は1,2弦がナイロン、3弦がチタン弦です。低音弦は新素材の芯線を利用しており、安定性が高く、寿命も長いそうです。また、巻線も素晴らしい弾き心地だとか。

テンションは2種類です:

型番テンション
EX-24-HTハイ
EX-24-MTミディアム

725 Goldin / Carbon

高音弦が黄色のカーボン弦のセットです。いわゆるカーボン弦よりも柔らかい音だそうです。

低音弦は金色の合金だそうです。本当に金が使われているかは不明ですが、ニッケルとカドミウムは使われていないそうです。

何人ものギタリストに最高の弦だといわしめたのだとか。

テンションは1種類しかありません。ちなみに高音弦は”Carbon”シリーズとして別でも売られています。

600 Silver-Plated

このシリーズはハナバッハの中でも比較的リーズナブルな弦として販売されています。

安いけどドイツでのハンドメイドで高い品質でつくられていることを売りにしています。低音弦は耐腐食コーティングが施されており、錆を防止します。

高音弦はナイロン、低音弦は銀メッキの巻弦です。テンションはミディアムとハイの2種類で、セット弦での販売しかありません。

レビューはこちら:

950 Titanyl

高音弦にチタン弦を採用したシリーズです。低音弦も長寿命の弦となっています。

テンションは3種類ですが、815シリーズとは異なり、ローテンション系はありません。

型番テンション
950 HTハイ
濃青950 MHTミディアムハイ
950 MTミディアム

825 Pure Gold Plated

低音弦のメッキに純金を使った製品です。金は錆びないので長寿命をうたっています。また、金はアレルギーを発症しづらいので、金属アレルギーを持つ人にもおすすめだとか。

高音弦はナイロンです。

テンションは3種類です。

型番テンション
825 HTハイ
825 MTミディアム
825 LTロー

900 Silver 200

低音弦のメッキに高品質の銀を使用しており、寿命が長いセットです。高音弦はナイロンです。

日本でも割と人気のある弦です。

テンションは2種類あります。ほかの弦と比べて独特の色とテンションです。

型番テンション
900MLTミディアムロー
900MHTミディアムハイ

レビューはこちら:

728 Custom Made

長寿命の低音弦を採用したセットです。新しい芯線と硬い銀メッキを使っています。高音はナイロンです。

包装に紙を使っていたりしてコストも下げています。

型番テンション
青(濃青)728 HTハイ
728 MTミディアム
728 LTロー

500 Student Classic Guitar Strings

ギターを習っている人が気兼ねなく弦を変えられるようにと、安い価格で販売されているシリーズです。

高音はナイロン、低音は銀メッキの巻弦です。

テンションは2種類です。

型番テンション
500 HTハイ
500 MTミディアム

使ってみたのでレビューしました:

800 Classic Guitar Strings

ハナバッハがクラシックギター弦専業メーカーになるきっかけになった弦だそうです。

日本では売られていないようですが、815シルバースペシャルと同じく5つのテンションのラインナップです。

1869

ハナバッハ創業の年を名前に持つフラッグシップ弦です。

低音弦のメッキを純銀と純金の2重にしています。高音弦も金色のカーボン弦で、百式のような金色っぷりです。

詳細はこちら:

ハナバッハを使っているプロのギタリスト

ハナバッハ元を使っているプロのクラシックギタリストは以下の記事で紹介しています。

ハナバッハ弦の評価とレビュー

当サイトでのハナバッハ弦の評価とレビューについては以下の記事をご覧ください。

様々な弦をラインナップしているハナバッハ、お気に入りのものがあるかも

このようにハナバッハは様々な製品をラインナップしています。サバレスやプロアルテに比べても数が多いです。

これらの中から探せばお気に入りの弦が見つかるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました