ハナバッハの高級弦であるエクスクルーシヴなど、今後レビューを行う予定のクラシックギター弦のページを更新しました。こちらをクリック。

トマスティック・インフェルト(Thomastik-Infeld)のクラシックギター弦が日本発売

トマスティック・インフェルトというとイタリアの有名な弦メーカーで、トマスティークと呼ばれることもあります。ギターだけでなく、バイオリン、ベース、マンドリン、二胡の弦まで発売している弦の総合メーカーです。そんなトマスティックのクラシックギター弦が日本で発売されました。

スポンサーリンク

変わったクラシックギター用弦を発売しているトマスティック

トマスティックは比較的変わった弦を売っていて、たとえばフィンガーピッキング用のフォークギター弦(高音弦が鉄の芯にナイロンが巻いてある)があったり、クラシックギター用弦なのに高音が鉄弦、低音の芯も鉄だったり、そんな弦を売っています。

さすがにこれらの変わった弦は売れないせいか日本では正式発売はしていないようです。

定価6,000円の高級弦 CRKシリーズ

日本で発売されたのはCRKシリーズと呼ばれる弦です。この弦はトマスティックの中でも高級弦になり、なんと定価は6,000円(税別)です。

ラインナップはミディアムテンションのCRK124とハードテンションのCRK125の2種類です。

輸入元のページを見ると、

クラシックギター弦の新製品です。カーボン弦の様にブリリアントで、パワーがあり、しかもナイロン弦の様に充金でウォームなサウンドをお約束します。トマスティック・インフェルト社が独自に開発したこの新素材がこれを実現しました。

と書いてあり、これだけだとどんな弦なのかよくわかりません。

Thomastik-Infeldの海外ページを見るとパンフレットへのリンクがあり、そちらを見ると、どうやらカーボンとナイロンのハイブリッド弦のようです。

これはおそらくドーガルのディアマンテと同じ路線なのでしょう。

もちろん、まったく同じ素材ということはないでしょうから、違う音なのだとは思います。

低音弦については情報がなくよくわかりませんでした。

テンションは以下のようになっていて、そこそこ強そうです:

CRK124(medium)CRK125(hard)
1弦8.8 kg9.4 kg
2弦6.6 kg6.9 kg
3弦6.2 kg6.4 kg
4弦7.0 kg7.2 kg
5弦6.8 kg7.0 kg
6弦7.1 kg7.55 kg
合計42.5 kg44.45 kg

試してみたい、けどさすがに高すぎる

新しい弦ということで面白そうではあるのですが、さすがに定価6,000円というのは高すぎます。

Strings by Mailでも42.95ドルと5,000円近くで売っているので日本で大幅値引きというのはなさそうです。

さらに情報もないということでなかなか手を出すのは勇気がいりそうです。でも気になるのは確かで。。。

スポンサーリンク
クラシックギター情報ブログ 最高の一音を求めて

コメント

タイトルとURLをコピーしました