ハナバッハの高級弦であるエクスクルーシヴなど、今後レビューを行う予定のクラシックギター弦のページを更新しました。こちらをクリック。

ソルやジュリアーニ、バリオス等のクラシックギター楽譜は無料で手に入る 無料楽譜入手方法と著作権について

バリオス楽譜/教則本
楽譜/教則本 練習 豆知識

小説には青空文庫という著作権の切れた作品を無料で公開しているサイトがあります。同じように、著作権の切れた楽譜を無料で公開しているサイトが世の中にはあります。無料で公開しているページと著作権について紹介します。

スポンサーリンク

死後50年または70年で切れる著作権

現在の法律では作曲者の死後70年(正確には亡くなった次の年の1月1日から70年)たつと著作権が切れ、その作曲家が作曲した曲は自由に利用することができるようになります

この「70年」は最近TPPが発効した時に改正された期間で以前は50年でした。権利はさかのぼって復活しないため、1968年以降に亡くなった作曲家の作品は70年、それ以前なら50年となります。

後で作曲家の没年をまとめますが、テデスコはちょうど1968年に亡くなっているので、この法改正のおかげでちょうど権利が延長されました。

逆に言うと、これらの期間に当てはまらない作曲家の作品は無料で公開していい、ということになります。

上記は2019年9月10日現在の情報であり、今後の法改正によっては変わる可能性もあります。

編曲物は編曲者に著作権がある

なお、編曲された楽譜は編曲者に著作権があることにご注意ください。

たとえば、バッハのリュート組曲の楽譜は原典版は当然リュート向けなのでクラシックギターではそのままでは弾けないところがあります。ギター用として出版されている楽譜はこれを誰かが編曲したものになりますが、編曲者の著作権が切れていなければ自由に利用していいとはなりません

購入したとしても私的利用以外の楽譜のコピーは禁止

なお、著作権が切れていない曲の楽譜を購入したとしても、それをコピーして他人に渡すことは禁止です。

自分で使うためにコピーする(原本はきれいにとっておきたいとか)はOKですが、音楽教室であってもコピーして渡すのは不可です(非営利の教育機関ならOKみたいですが)。

著作権が切れた楽譜が無償で手に入るサイト

著作権が切れて無料で公開されている楽譜が入手できるサイトは以下になります。

IMSLP(国際楽譜ライブラリープロジェクト)

IMSLPはInternational Music Score Library Projectの略で、国際楽譜ライブラリープロジェクトと日本では呼ばれます。別名ペトルッチ楽譜ライブラリーです。

IMSLP: Free Sheet Music PDF Download

このサイトでは著作権の切れた楽譜及び無償で楽曲を提供している作曲者の作品が手に入ります。なんと42万点以上が無償公開されています。

このサイトの良いところは日本語に対応しているところです。一部英語も残っているものの、ページのほとんどが日本語になっており日本人にも使いやすいです。さらに、作曲者の名前も日本語で登録されており、たとえば「バリオス」とカタカナで検索してもちゃんと出てきます:

1つの楽曲に対してたくさんの版が登録されており、それぞれを見比べることもできます。

free-scores.com

IMSLPはどちらかというと昔紙で出版されたものをスキャンしたものが置いてあるイメージですが、free-scores.comは曲を電子データにして読みやすい楽譜にしておいてあるイメージがあります。

Free-scores.com : World Free Sheet Music (PDF, MIDI, MP3)
Free sheet music for all instruments : winds, strings, choral, orchestra. Free scores for piano, violin, banjo, mandolin, accordion, classical guitar, bass, sax...

昔の出版楽譜も趣があるのですが、どうしても読みづらいところもあり、電子データ化して楽譜に起こされたものの方が読みやすいのは確かです。

また、曲の演奏をMP3にしたものも置いてあり、どんな曲か確認するのに参考になります

曲目解説や運指はなかったりいまいちなので本格的に弾くなら出版されている楽譜を買う方がいい

これらの無料の楽譜はちょっと弾いてみるとか、原典を見てみたいという要求にはふさわしいのですが、その曲をしっかり弾きこみたいという要求にはあっていないかもしれません。

まず、曲目解説がついていません。出版されている楽譜を買うとその曲がどんな曲で、どういう風に弾くべきかという解説がついていたりしますが、そういった情報はありませ。

また、クラシックギター用の運指もあまり書いていません。

このため、無料楽譜サイトでどんな曲か確認し、しっかり弾きこみたければ楽譜を買う、というのがいいかもしれません。

主なクラシックギター作曲家の没年

主なクラシックギター作曲家の没年を調べてみました。苗字のあいうえお順に並べています。

作品の権利が切れている作曲家

作曲家名アルファベット生年没年
ディオニシオ・アグアドDionisio Aguado17841849
イサーク・アルベニスIsaac Albéniz18601909
シルヴィウス・レオポルト・ヴァイスSylvius Leopold Weiss16871750
エイトル・ヴィラ=ロボスHeitor Villa-Lobos18871959
マテオ・カルカッシMatteo Carcassi17921853
フェルディナンド・カルリFerdinando Carulli17701841
ナポレオン・コストNapoléon Coste18051883
ガスパル・サンスGaspar Sanz16401710
マウロ・ジュリアーニMauro Giuliani17811829
フェルナンド・ソルFernando Sor,17781839
ジョン・ダウランドJohn Dowland15631626
フランシスコ・タレガFrancisco Tárrega18521909
ホアキン・トゥリーナJoaquín Turina18821949
ニコロ・パガニーニNiccolò Paganini17821840
ヨハン・セバスチャン・バッハJohann Sebastian Bach16851750
アグスティン・バリオスAgustín Barrios18851944
マヌエル・ポンセManuel Ponce18821948
ヨハン・カスパール・メルツJohann Kaspar Mertz18061856
ミゲル・リョベートMiguel Llobet18781938
ジュリオ・レゴンディGiulio Regondi18231872

作品の権利が切れていない作曲家

作曲家名アルファベット生年没年
セルジオ・アサドSergio Assad1952
マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコMario Castelnuovo-Tedesco18951968
武満徹19301996
アレクサンデル・タンスマンAlexandre Tansman18971986
ローラン・ディアンスRoland Dyens19552016
カルロ・ドメニコーニCarlo Domeniconi1947
ベンジャミン・ブリテンBenjamin Britten19131976
レオ・ブローウェルLeo Brouwer1939
モレーノ・トローバMoreno Torroba18911982
アンドリュー・ヨークAndrew York1958
ホアキン・ロドリーゴJoaquín Rodrigo19011999

正しく著作権を守って音楽を楽しみたい

著作権は面倒なものにも思えますが、作曲家の方々も作った曲を買ってくれるからこそ生活ができます。

演奏者が法律を守って正しく対価を支払わなければ、作曲家が生活できなくなり、結果的に音楽という分野が衰退することになります。

著作権が切れた楽譜に関して無料楽譜を利用するのは問題ありませんが、そうでないものは正しく購入していくようにしましょう。

スポンサーリンク
クラシックギター情報ブログ 最高の一音を求めて

コメント

タイトルとURLをコピーしました