ハナバッハの高級弦であるエクスクルーシヴなど、今後レビューを行う予定のクラシックギター弦のページを更新しました。こちらをクリック。

セーハや速弾きのための指の筋トレ 脱力だけでは弾けない

ギター用品
ギター用品 練習 脱力

ギターの演奏には脱力が必要だとは言ってもある程度の筋力は必要です。また、すべてをギターの練習だけでまかなえればいいのですがそうもいかないのも事実。特に筋力が重要なセーハと速弾きのために必要な筋肉とそれを鍛えるグッズを紹介します。

スポンサーリンク

「脱力」という甘い言葉

良く世の中でいわるのが「ギターを弾くのに筋力はいらない。むしろ脱力が大事」という言葉です。

でも、これを言う人は大体ギターを長年弾いていてある程度弾ける人なんですよね。ものすごくジムとかで鍛えた人が「50kgのバーベルなんて簡単に上がるよ」と言っているのとあまり変わらない気がします。そりゃ鍛えている人にとっては全力を使わなくても上がりますよ。

脱力が大事であるのは確かですが、「ギターを弾くのに脱力は大事、でもある程度の筋力もいる」が正解なのではないかと思います。

特に筋力が必要なセーハと速弾きについて考えてみたいと思います。

セーハには握るための筋肉が重要

ギターの中で初心者がまず最初に躓く技術はセーハだと思います。

一本の指で複数の弦を同時に押さえるわけですが、人差し指と親指だけで複数の弦を押さえつけるわけで、それなりに筋力がいります。

もちろん、ただただ力で押さえつけてもだめでコツもあるわけですが、必要最低限の筋力があってのコツです。

パワーボールがおすすめ

そんな筋力強化にはパワーボールと呼ばれる筋トレグッズがお勧めです。

ACEFITS ツイストボール オートスタート 手首強化  オレンジ
ACEFITS
ACEFITSツイストボール!従来の紐式ツイストボールではなく紐が無くても使える次世代型の オートスタート ツイストボールです!

このパワーボールはツイストボールとかパワーボムともいわれますが、遠心力を使った筋トレグッズです。

使い方はこちらの動画を見ていただければわかるかと思いますが、球の中に入った球を回転させることで遠心力を発生させ、それを抑え込むための力で筋肉を強化します:

ローラーリストボールの使い方【解説と実演】roller wrist ball

このパワーボールの良いところは指だけでなく手首と前腕を同時に鍛えられるところです。

ギターのための筋トレグッズでよくあるのは指だけを強化するものですが、ギターを弾くときに使う筋肉は指だけでなく手首や前腕も重要です。

手首や前腕はいわば弦をおさえるための土台です。これらがしっかりしていないと、難しい押さえの時に安定せず、うまく弦をおさえることができません。

パワーボールは一見簡単そうに見えますが、結構力が必要です。ちょっと回すのにコツがいるのが難しいですが、慣れてしまえば簡単です。

手首や前腕を鍛えたいときはボールを手でがっしりつかみ、指を鍛えたいときは指先でつまむようにして使います。

ギター好きの人にはダダリオブランドのものもあります:

ハンドトレーナーで筋力強化

パワーボールは良いのですが、自分の指のどの指が弱点とかそういった気付きを与えるのには向いていません。

また、回転しているときに音がなったり回し始めに動作が必要だったり、外出先等で手軽に鍛えるのには向いていません。

そんな場合におすすめなのはこちらです:

こちらはクラシックギター弦のプロアルテで有名なダダリオの製品ですが、指で握ることにより筋力を強化するためのグッズです。各指用に独立のピストンがついており、その強さは調整できます。

パワーボールとセットのもあります:

D'Addario ダダリオ 握力トレーニング用 Varigrip PW-VG-01 + 手首エクササイズ用 Dynaflex PW-DFP-01 トレーニングセット 【国内正規品】
D'Addario(ダダリオ)
ギタープレイにはかかせない、指先のグリップ力を鍛えるためのトレーニング・ツール PW-VG-01

ちなみに、ブランドを気にしなければもっと安いものもあります:

DELLING デリング ハンドトレーナー 1.8~3.2KG 各指調節可能 ピアノ ギター ベース 弦楽器 ギター 練習 指 筋トレ グッズ 軽量 携帯型 握力 トレーニング ブラック
DELLING
手が痛くなりにくいハンドトレーナー:柔らかい特殊ラバーを使用しているので、長い時間の運動でも手が痛くなりにくい設計。(過度な負荷をかけたり、いきなり最大での使用はおやめください。個人差がありますので、自分に合わせた強さ、運動時間でトレーニングを行うようにしてください。)

指専用の筋力強化グッズですが、指が鍛えられれば弾きやすくなり、それに伴って手首や前腕も鍛えられるので、まずはこれでもいいかもしれません。

指の持久力をつけるためにも

長い曲やセーハが多い曲を弾いていると途中でばててくる人も多いかと思います。

パワーボールやハンドトレーナーを使っていると筋力とともに持久力をつけられるため、難しい曲に挑戦したい人にもお勧めです。

「指を開く」筋肉が重要な速弾き

速弾きもギター弾きにとっては難しい技術です。

この速弾き、実はセーハのように握力だけを鍛えてもだめです。

指を閉じる筋肉と開く筋肉は別

指を動かす筋肉は実は握る筋肉と開く筋肉が独立して存在しています。

このため、セーハと同じように握力を鍛えても弦を弾いたり指で押さえるスピードは速くなるのですが、次の弦を弾くためや次のフレットをおさえるために指を戻すスピードが上がりません

速弾きを鍛えには握力だけでなく、指を開く筋肉を鍛えることが大事です。

グーパー運動でスピードを上げる

一番お手軽なのはグーパー運動です。

やり方は簡単で、腕を前に伸ばした状態で指を開いたり閉じたりを繰り返します。スピードを上げていけば指を閉じるスピードも開くスピードも上がっていきます。

これなら何の道具もいらないしお手軽です。

指を開く動作専用の筋トレグッズも

また、指を開くための筋肉専用の筋トレグッズも販売されています。

6セット 指エクササイズ HULISEN フィンガートレーナー ハンドグリップ 筋トレ 手首から指先まで
HULISEN
▼【軽量設計】1個の重量は15グラムだけで、軽くて、持ち運びに便利。いつでもどこでもに簡単に補助的なトレーニングが出来ます。カバンに入れても持ち運んても良い。通勤の間で、休憩の間に簡単に指で握る力トレーニングが出来ます。

穴に指を通して開くと、シリコンの抵抗で筋肉を鍛えることができます。

上で紹介した閉じる方を鍛えるグッズと合わせて使うと効果大です。

やりすぎには注意!

筋トレは効果的ではあるのですが、やりすぎると逆に指を痛めてしまいます。

一日で頑張ってやるよりも、少しずつ毎日続けた方が効果的です。

なかなかギターを弾く時間が取れない人の日常練習用としてどうでしょうか。

スポンサーリンク
クラシックギター情報ブログ 最高の一音を求めて

コメント

タイトルとURLをコピーしました