まだまだ乾燥する時期です。湿度調整グッズを正しく使ってギターを守ってあげましょう。

サバレス(Savarez)のクラシックギター用の弦 型番整理と製品まとめ

ニュークリスタルカンティーガプレミアム

クラシックギター弦の中でも人気のサバレスですが、各弦に型番がついていることをご存知でしょうか?

たとえば、ニュークリスタルカンティーガのノーマルセットであれば510CRです。

この型番にはちゃんと規則性があって、それを知っていると迷わずに弦を選ぶことができます。

以下の記事で本ブログの弦のレビュー/感想/情報記事をまとめています

スポンサーリンク

先頭の”5″はクラシックギター弦を示す

以前紹介したプロアルテも規則性がありましたが、サバレスの規則性も結構単純です。

まず、サバレスのクラシックギター用の弦は型番が”5″から始まっています。

ちなみに、アコースティックギターは”A”、エレキベース用は”B”のようです。

そのうち種類が増えすぎたら変わるかもですが、今のところは5xxという型番であればクラシックギター用だと思えばOKです。

2つ目の番号が低音弦の種類(製品種)を示す

そして、次の数字が製品種を示しています。主に低音弦の種類を示しているようです。

型番製品
50xコラム
51xカンティーガ
52x(昔ながらのサバレス弦)
53xLEONIDA(日本未発売?)
54xアリアンス
57xクリスタル – ソリステ

なので、カンティーガを低音に使っている弦を選びたければ51xを選べばOKです。

たとえば、このニュークリスタルカンティーガのハイテンションは510CJです。

3つ目の数字がセット弦あるいはバラ弦を示す

そして、3つ目の数字はセット弦あるいはバラ弦の弦番号を示しています。

0であればセット、それ以外なら弦番号です。

なので、コラムのセットが欲しければ500、アリアンスの3弦が欲しければ543です。

後ろのアルファベットが高音弦の種類やテンション、その他を示す

そして、3桁の数字の後にはアルファベットがきます。アルファベットの文字数は決まっておらず、長くなったり短くなったりします。

また、1種類しかない場合はアルファベットがつかないようです。たとえば、日本では売っていないと思われるLEONIDAは”530″しかありません。

高音弦の種類

まず最初に来るのは高音弦の種類です。

アルファベット高音弦の種類
Aカーボン弦(アリアンス)
Cナイロン弦(ニュークリスタルかクリスタル)
M3弦がアリアンスで、1,2弦がニュークリスタル

ややこしく見えるカンティーガも、540Aであれば高音弦はアリアンス、540Cであればニュークリスタル、540Mであれば3弦がアリアンスで1,2弦がニュークリスタルのセットです。

SAVAREZ サバレス ギター弦 クリエーションカンティーガ 510MR
SAVAREZ
“クリエイション・カンティーガ" は、ミュージシャンからのリクエストが多かった、「1、2弦ナイロン」、「3弦アリアンス」、「4~6弦カンティーガ」のセットです。

テンション

次にテンションがアルファベットであらわされます。

アルファベットテンション
Rノーマル
Jハイ
RJミックス(高音弦がノーマル、低音弦がハイ)

したがって、

  • 540AR : アリアンスカンティーガのノーマルテンション
  • 540AJ  : アリアンスカンティーガのハイテンション
  • 540ARJ : アリアンスカンティーガのミックステンション

となります。

その他オプション

製品によってはさらに後ろにアルファベットがつきます。今のところカンティーガだけのようです。

アルファベット意味
H低音弦が研磨されている(ポリッシュ弦)
Pプレミアム

プレミアムに関してはこちらの記事で紹介していますが、低音弦の芯線に新素材を使ったシリーズのようです:

法則さえわかれば怖くない、ネット通販も快適に

ネット通販では時々商品画像がないものもあります。また、弦の名前を入れても出てこないときもあります。

そんな時はこの法則に従って型番で探せばOKです。

すべて記憶して通ぶってみるのもいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました