ヤマハのクラシックギター用弦であるグランドコンサートをレビューしました。記事はこちらをクリック。

クラシックギター用支持具(ギターサポート)まとめ

ギターリフト(GUITARLIFT)の中身ギター用品
ギター用品 体のケア 腰痛 足台、ギターサポート類

クラシックギター演奏に欠かせないものといえば足台をはじめとする支持具です。決定版といえるものがないなかでいろいろなものが発売されています。いろいろ使ったり調べたりしてきたので製品のまとめと、使ってたことがあるものはレビューをしたいと思います。

スポンサーリンク

ギター支持具を大きく分類

まず、現在売られているギター支持具をその特徴ごとに分類したいと思います。評価は私の主観です。

タイプ製品名価格角度等の調整安定性持ち運びやすさ塗装への影響その他
足台足台デファクト、安くてどこでも買える
側面に取り付けるタイプギターレスト(万力)分解/組み立てが意外と面倒
ギターレスト(吸盤)分解/組み立てが意外と面倒
Aria ギターサポート安い、小さい
テヌートギターサポートAriaより調整幅が大きい
エルゴプレイ×容積は小さいが荷物としては場所を取る
Barnettギターサポート×磁石で取り付けるタイプ
HBギターサポートx?万力で側面に取り付けるギターサポート
HBギターサポート ライト万力で側面に取り付けるギターサポート(小型版)
背面に取り付けるタイプギターリフト××高価だが使い心地は良い
ギターフォーク〇~◎ギターリフトよりも安価だがその分調整幅も狭い
側面に置くタイプダイナレット××塗装への影響は一番安心
オアシスギターサポート××ダイナレットの廉価版
G.Prop××V字型の本体に乗せるタイプ

こう見ると様々な製品がありますね。新しいのを見つけたら追加したいと思います。

ちなみに、足台も支持具も使わない方法もあります:

個々の製品を紹介

ここからは個々の製品についてその特徴を紹介したいと思います。私が使ったことがあるものはレビューもつけています。

足台

伝統的なギター支持具です。ギターのヘッド側を高く上げるため、左足を上げるために台の上に足を置きます。

長所はとにかく安いという点です。安いものでは1000円以下で入手可能です。しかも、クラシックギター専門店でなくてもギターが置いてある楽器店であればどこでも手に入ります。

素材も様々で木で出てきているものから鉄やアルミのものもあります。アルミのものは軽くて持ち運びもしやすいです。

短所は腰に悪いという点です。私もこれで腰を痛めて腰痛とぎっくり腰になりました。

左足を上げることで体がひねられた状態になり、それを長時間継続することで腰痛になります。しかしながら、腰痛になる人とならない人がいるので、価格と入手性から初めての人はまずは足台から試すのがいいかと思います。

側面に取り付けるタイプ

足台に代わる支持具の中ではギターの側面に取り付けるタイプが一番多いです。様々な商品が売られています。

ギターレスト

昔からある足台に代わるギター支持具です。万力あるいは吸盤でギターの側面にギターレストを取り付けます。棒の先に腿の側面にあった形の部分があり、これでギターを支えます。

足をあげなくてもギターのヘッドが上がるので腰にやさしいです

私も以前使っていました:

確かに腰には優しいのでいい感じです。また、分解できるので持ち運びも楽です

しかしながら、万力にせよ吸盤にせよ塗装面には気を付ける必要があります。私は万力タイプのものをセラック塗装の楽器に使っていましたが、しばらく使っていると挟んだ後が残ってしまいました(小さくて目立たないですが)。

また、分解したり組み立てる作業が地味に面倒です。組み立てたままだと意外と場所を取ります。ギターの高さは棒の部品の長さを変えることで変えられるのですが、この棒が地味に高いのも不満でした。

しかしながら、長年売られている商品だけあってプロの人でも使っている人もいる評判のいい商品ではあります。

Aria ギターサポート

とにかく持ち運び性を重視した商品です。折りたたむと一枚板のようになり場所を取りません。価格もリーズナブルです。

しかしながら、調整幅は狭いです。また、吸盤タイプなので弱い塗装のギターにも注意です。

とにかく荷物の少なさを重視する人にお勧めです。

テヌート ギターサポート

Ariaのギターサポートの進化版といった商品です。

Ariaのものに比べて、吸盤が4つになることで安定性が増し、調整できる個所が増えたことで色んな人に合います。小ささは同等です。

私も使っていましたが、腿にあたる部分が滑るということ以外はいい感じでした:

ちなみに、海外ではTenuto Proという上位版も売られていますが、日本では手に入らないようです。

テヌート・ギターサポート
Tenuto Guitar Support
コンパクトで安心感があります。

エルゴプレイ

ギター側面の二つの山にそれぞれ吸盤を貼り付けるタイプの支持具です。

ギターの狭い範囲につけるのではなく、二つの山に取り付けることで安定性が高いです。高さも調整できます。

欠点は折りたためないという点です。写真を見ると一枚板になりそうに見えますが、なりません。なので、持ち運びは面倒です。

上位版のトレスターモデルもあり、こちらはさらに調整できる個所が多いです。

詳細はこちらの記事も参照ください:

Ergo Play (エルゴプレイ)  ギターサポート トレスターモデル
Ergo Play
両方の腕の高さと傾き、さらに吸盤の角度の調節が可能。

Barnett(SageWork) ギターサポート

Barnett(SageWork) ギターサポート

変わり種のギター支持具です。吸盤や万力でギター側面に取り付けるのではなく、磁石でギターに固定します。ギターの内側にギターをあらかじめ取り付けます。本体にも磁石があり、ギター側面を磁石で挟み込むことで固定します。

本体のギターと接する部分は塗装にやさしい素材なので、弱い塗装のギターにも安心です。調整できる個所も多く、折りたたむことで小さくなります。

日本ではギターショップカリスで購入可能です。

HBギターサポート

HBギターサポート

吸盤ではなく万力タイプのギターサポートです。2種類あり、アリアギターサポートに近いHBLightと、エルゴプレイに近いHBがあります。

どちらも日本では未発売ですが、ebayから買えそうです。

背面に取り付けるタイプ

最近出てきたタイプのギター支持具です。目からうろこ、コロンブスの卵的な発想で、ギターの背面にとりつけます。

ギターリフト(GuitarLift)

ギターリフト(GUITARLIFT)の中身

背面に取り付けるギター支持具第一弾です。曲面を描いているうえに幅が狭く、取り付ける個所が限られる側面に比べ、平らで面積の大きい背面に取り付けます

これにより、安定性も高く、調整幅も広い支持具となりました。

私も現在使っているのですが、あまりにも調整幅が広くて、まだ調整しきれていません(笑):

安定性と調整幅は良いのですが、本体が大きな板なので持ち運び性はあまりよくありません。とはいえ、薄い板なので楽譜を入れられれば何とかなります。

(追記) 吸盤がリニューアルされて少し持ち運びが楽になりました

また、吸盤で取り付けるタイプなので弱い塗装には気を使います

ギターフォーク(Guitar Fork)

ギターフォーク(Guitar ForK)

ギターリフトに触発されて開発されたと思われるギター支持具です。

ギターリフトはギターに取り付ける4か所すべて吸盤でしたが、ギターフォークは下の二か所が棒+3つの吸盤になっています。ギターリフトは吸盤の位置を変えますが、ギターフォークは棒の方のみを変えます。

ギターリフトに比べると価格が安く、サイズが小さいのが特徴です。

ギターショップアウラで購入可能です。

側面に置くタイプ

ギターに固定するのではなく、ギターの側面において使うタイプです。塗装への影響がないものが多いです。

ダイナレット

ギターと腿の間において使うクッションです。

ギターと接する部分は皮、足と接する部分は滑り止め付きの布で、ギターの塗装にも安心です。

しかしながら、調整する部分がないので、体に合うかどうかは人それぞれです。足台を併用するという人もいます。また、小さくならないので持ち運びも不便です。

私も以前使っていました:

Dynarette/ギターレスト 【ダイナレット】 (大)
Dynarette
こちらの商品は メーカー取り寄せ商品になりま す。

オアシス ギターサポート

ダイナレットの廉価版といった商品です。

違いは、、、よく分かりません。ダイナレットの特許が切れたとかでしょうか?

ギターショップアウラで購入可能です。

G.Prop

G.prop

最近発売されたギター支持具です。

V字に開くギター支持具で、片方をギターに、片方を腿に乗せます。折りたためるので持ち運びやすく、吸盤等でギターに取り付けるタイプではないので塗装にも優しいです。

しかしながら、乗せているだけなので、メーカーのHPによると力を入れすぎると形状変化してしまうのだとか。これにより脱力ができるといっていますが、逆に安定性が低いということなのかも知れません。

価格が1万円以上と地味に高いところも気になりますが、一度使ってみたい気もします。

足台や支持具の高さと角度はどう決めたら良い?

これもなかなか難しい問題です。ぜひ以下の記事を参考にしてください:

選択肢は色々、好みも色々

これだけたくさんの選択肢がありますが、決定版といえるものはまだないです。

それだけ人によって演奏姿勢や体格が違うということなのでしょう。

自分のあった1つを見つけられると良いですね。

スポンサーリンク
クラシックギター情報ブログ 最高の一音を求めて

コメント

タイトルとURLをコピーしました