40種類以上の弦を使ってきた管理人がおすすめのクラシックギター用弦の記事を書きました

クラシックギターの音を本格的に再現した作曲ツールのアドオン「SESSION GUITARIST – PICKED NYLON」が登場

KONTAKT音源 SESSION GUITARIST - PICKED NYLONその他
その他楽器

クラシックギターの音は数ある楽器のなかでも、コンピュータ上で音の再現が難しいといわれています。弦を弾く位置や爪が当たる角度など、さらには爪が当たるノイズなど、音色表現が多彩すぎるのが難しいのでしょう。これに対して、「SESSION GUITARIST – PICKED NYLON」という作曲ツールのアドオンが登場しました。クラシックギター製作家と協業して作られた、こだわりのある製品です。

スポンサーリンク

ピアノや管楽器、弦楽器に比べて再現が難しいクラシックギターの音

クラシックギターの音は、ピアノや管楽器、弦楽器に比べてコンピュータでの再現が難しいといわれています。

最大の難しさは音色が多彩な点。ちょっと弾く位置や角度を変えただけで音が大きく変わりますし、爪が弦と当たるノイズも一種の音色、さらに指が弦を滑る音もあります。

こういったものをすべてコンピュータ上で再現するのは手間がかかり、なかなか実現されていません。

本格的なクラシックギターの音の再現に挑戦した「SESSION GUITARIST – PICKED NYLON」

Native Instrumentsの 「SESSION GUITARIST – PICKED NYLON」 は本格的なクラシックギターの音の再現に挑戦した製品です。

ギター : Session Guitarist – Picked Nylon | Komplete
SESSION GUITARIST - PICKED NYLONはナイロン弦ギターのピュアで暖かな音色に、制作意欲を刺激する200以上のパターン、メロディ専用インストゥルメントを備えた音源です。

作曲ツール「KOMPLETE」のアドオンとして動作

「SESSION GUITARIST – PICKED NYLON」 は単体で動作する製品ではなく、 作曲ツール「KOMPLETE」のアドオンとして動作する製品です。

さまざまな楽器をサンプリングして作られた音源と、多彩なエフェクトが自慢で、本格的な作曲ができます。

Native Instruments ネイティブインストゥルメンツ/KOMPLETE 13 SELECT
Native Instruments
製品に含まれるものインストーラーファイル、 3,300相当のE-バウチャー(KOMPLETE13のアクティベーション後、6ヶ月間有効)

ちなみに、古いバージョンは無償版として公開されていますので、ただで試すことも可能です。

バンドル : Komplete Start | Komplete
スタジオ品質のインストゥルメント、エフェクト、ツール、ループ、サンプルの厳選されたセレクションであるKOMPLETE STARTで音楽制作を始めましょう。ドラム、パーカッション、ベース、アコースティック楽器、シンセ、パッド、アトモスフィア、エフェクトなど、2,000以上のカスタマイズ可能なサウンドを自由に使うことができ...

製作家のLisa Weinzierl氏と協業

「SESSION GUITARIST – PICKED NYLON」 は、製作家のLisa Weinzierl氏と協業して作られたのが特徴です。

ストラディバリウスの製作に用いた技術を転用して作っているとか。 製作家のLisa Weinzierl氏と協業については以下の動画が詳しいです:

弦を弾く位置による音の変化、ビブラート、フレットノイズまで再現

「SESSION GUITARIST – PICKED NYLON」 のこだわりはかなり強く、普通の作曲ツールでは再現されていない、

  • 弦を弾く位置による音の変化
  • 共鳴音
  • ビブラート
  • フレットノイズ(左手が弦を擦る音)
  • ギタリストの呼吸音

まで再現されています。

これだけの再現ができれば、本物に近い音がコンピュータで作り出せそうです。

音についてのこだわりはこちらの動画を参照ください:

本格的なクラシックギターを使った作曲がしたいなら

このようにかなり気合の入ったクラシックギター用作曲ツールアドオンである 「SESSION GUITARIST – PICKED NYLON」 を使えば、本格的なクラシックギターを使った作曲が可能になりそうです。

作曲に興味がある方、これまでの作曲ツールのクラシックギターの音に不満があった方は試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
クラシックギター情報ブログ 最高の一音を求めて

コメント

タイトルとURLをコピーしました