クラシックギター弦のレビューを続々追加中です。今回はオプティマです。

クラシックギターのメンテナンスに関する記事まとめ

フレット磨きプレートを指板に乗せるメンテナンス
メンテナンス

本サイトにあるメンテナンスに関する記事をまとめました。

スポンサーリンク

毎日、あるいは定期的にやっておきたいメンテンナンス

クラシックギターを弾くうえで毎日あるいは定期的にやっておきたいメンテンナンスの記事です。これをやっておけば故障を減らしてきれいなギターを弾き続けられます。

気を付けるべきこと

季節や場面場面で気を付けるべきことに関する記事です。

冬の乾燥はギターのメンテナンスで最も気を付けるべきことです:

弦跳ねでギターの表目板に傷をつけるとショックが大きいので予防しましょう:

ギターを弾く前に手を洗うと汚れをつくのを防ぐことができますし、演奏性も向上します:

便利なメンテナンスグッズ、アクセサリー

クラシックギターをメンテナンスするうえで便利なグッズに関する記事です。

湿度、温度管理

楽器の盗難防止と湿度、温度管理が同時にできるグッズです:

外出先から家の中の楽器の湿度や温度を監視できるものもあります:

ギター本体の掃除

カルナバポリッシュはセラック塗装にも使える掃除グッズとして安心感があります:

指板にはレモンオイルを使うと汚れが落とせて保湿もできます:

ボディの内部はハンディワイパーを使うと簡単かつ安全に掃除できます:

弦の掃除

弦の表面に塗ることで錆を防いで指の滑りも良くするグッズです:

単にふくだけのものもあります:

ギターは弾いている時間よりも保管している時間の方が長いので、保管方法は重要です:

弦を切るときはハサミや爪切りではなく専用のニッパーを使いましょう:

糸巻(ペグ)の掃除、メンテナンス、注油

糸巻(ペグ)も重要な部品ですが、他の部品と違って機械的なものなのでちょっと違う知識が必要です:

ケースの掃除

スポンサーリンク
クラシックギター情報ブログ 最高の一音を求めて

コメント

タイトルとURLをコピーしました