40種類以上の弦を使ってきた管理人がおすすめのクラシックギター用弦の記事を書きました

クラシックギタリストの命 爪を育て、メンテナンスし、保護する

腱鞘炎のためのテーピングその2体のケア
体のケア

クラシックギター弾きにとって最も大事なものが爪の質だと思います。

いい爪でないといい音が出ません。

そんな爪を育て、メンテナンスし、保護する方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

爪の基礎

まずは爪に関する基礎知識を。

爪は骨ではなく皮膚からできている

よく勘違いされるのは、爪は骨の一種であるという誤解です。

爪は骨ではなく皮膚の一種です具体的にはたんぱく質の一種であるケラチンからできています。以外にも髪や魚や爬虫類の鱗、鳥類のくちばしもケラチンからできています

一日に伸びる量は0.1mm

爪はだんだんと伸びていきますが、一日当たりに伸びる長さは0.1mmだそうです。

このため、爪が完全に生え変わるには3~6か月かかるそうです。

ただし、若い人ほど伸びやすく、冬よりは夏の方が伸びやすいのだとか。

水分と油分を失うと脆く割れやすくなる

爪は乾燥しっきたものではなく、水分や油分を含んでいます。

水分量は12%~16%、脂肪量は0.15%~0.75%だそうです。

このため、水分や油分を失うと脆く割れやすくなるのだとか。このため保湿が非常に重要です。

健康な爪を育てるには

いい爪を得るにはいい爪を育てることが重要です。

たんぱく質が重要

前述の通り爪は骨ではなく皮膚の一種です。このため、カルシウムよりたんぱく質をしっかりとることが重要になります。

私は最近このプロテインを飲んでいます:

明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味【50食分】 1,050g
SAVAS(ザバス)
プロテイン種類:SPI(ソイプロテイン・アイソレート:Soy Protein Isolate)

日本人はアスリートやボディビルダーでなくてもたんぱく質が足りない食事をしており、必要なたんぱく質を食事だけでとるのは難しいのだとか。

さらにこのプロテインには後述する爪に必要なビタミンも含まれており一石二鳥です。

ビタミンA, B, D

ビタミン類も重要だそうです。なかでも、ビタミンA, B, Dが重要だそうです。

特にビタミンB7とも呼ばれるビオチンが重要だそうです。

ビオチンには爪の主成分であるケラチンの合成に必要だそうです。髪にも効くかも?

こんな感じのスーパーマルチビタミン&ミネラルには必要なものが含まれています:

鉄分や亜鉛も重要

さらに、鉄分も重要です。

健康な爪を生やすためには栄養が必要なのですが、それを与えるのは血液からです。したがって、貧血状態だと爪に栄養がいきわたらず、脆い爪となってしまいます。

鉄分が不足すると爪が指とは逆の方向にそってきてしまうそうです。

また、亜鉛には皮膚の健康を保つ効果があり、こちらも爪に重要だそうです。前述のスーパービタミン&ミネラルにはこれらも含まれています。

爪のメンテナンス

健康に生えてきた爪は健康さを保たないとボロボロになってしまいます。

前述の通り、爪には水分と油分が含まれており、これらが不足すると脆くなってしまいます。

特に風呂上りには爪が一気に乾燥してしまうため、風呂上りに爪の表面を保護することが重要です。

乾燥対策についてはこちらの記事も参照ください:

ホホバオイルがお手軽

一番お手軽なのはホホバオイルです。

さらっとしていてべたつかず、においもないため使いやすいです。

ホホバオイルを爪の表だけではなく、裏にも塗り込みます。さらに、爪の付け根部分をマッサージするように塗り込むといいです。

カイナ キューティクル・トリートメント

爪専用として出ている製品がカイナのキューティクル・トリートメントシリーズです。

kaina(カイナ)デイクリーム (ネイルトリートメント・クリームタイプ)
Kaina
爪トラブルの専門家が考案。爪を大切にする国内外のプロのギタリストがご愛用する本格的爪用保湿剤(サラリとしたクリームタイプ)
kaina カイナ ナイトジェル(ネイル・トリートメント BNK-002)
Kaina
爪のトラブル改善に25年の専門家が考案。爪を大事にするプロのギタリストが多数愛用する本格的ネイルトリートメント(保湿力抜群、オイルをジェル化!)

健康な爪を育てるための製品らしく、保護するだけでなく健康な爪を生やす効果もあるそうです。

KIYORA ボディプレックス ハンド&ネイルリペア

私はこれを使っています。すぐに乾いてべたつかず、指の股もサラサラになって弾きやすいです。

爪の保護

いくら健康的な爪が生えても、物理的にどこかにぶつけたりすると割れてしまいます。

それを避けたりする方法です。

きれいにやすりをかける

一番大事なのは、意外なことに、爪の先端をつるつるに保っておくことです。

ギザギザになっていたり突起があったりするとそれが引っかかって爪を痛めることになります。

したがって、ギターを弾く前だけでなく、普段から爪をつるつるに保っておくことが重要です。

おすすめの道具についてはこちらの記事を参照ください:

爪を硬くする

人によってはどうしても爪が薄く割れやすい人もいます。

そういう方には爪の表面に塗るコーティングがお勧めです。

ただ、爪は生きているため、酸素をさえぎったり、あるいは化学的な成分で水分や油分を失うと逆に爪が弱くなってしまいます。

そのため、こういった酸素が透過するコーティングがお勧めです:

kaina ザ・ギタリスト
Kaina
フラメンコギタリスト沖仁氏の協力のもと開発されたベースコート

こちらの製品はフラメンコギタリストの沖仁さんも愛用しているのだとか。激しくラスギャードをするフラメンコギタリストも愛用というのは心強いです。

より詳しい内容は以下の記事を参照ください:

瞬間接着剤で割れを補修

爪は一度割れてしまうとそこからどんどん割れが広がってしまいます。

このため、割れた爪はなくなく切ってしまうこともありますが、そうするとしばらくギターがうまく弾けなくなってしまいます。

そんな時はこういう瞬間接着剤で補修します:

KONISHI(コニシ) アロンアルフア 釣名人 低粘度 多用途 【1g】
コニシ(KONISHI)
アロンアルフア 釣名人低粘度・多用途 1g■内容量:1g■用途:・羽根・うきの製作・仕掛けづくり・ガイドの取付・竿の修理・レジャー用品の修理・模型・玩具の製作・補修・自動車の部品補修・装飾品の補修●低粘度●浸透接着・すき間への流し込みが可能

特にこの釣り名人は爪の補修に最適だとか。

より詳しい内容は以下の記事を参照ください:

爪は普段からの意識が重要

このように、健康な爪を保つにはいろいろな要素があります。

適当にせず、常に爪に気を使った生活をしていくことが重要ですね。

スポンサーリンク
クラシックギター情報ブログ 最高の一音を求めて

コメント

タイトルとURLをコピーしました