40種類以上の弦を使ってきた管理人がおすすめのクラシックギター用弦の記事を書きました

ギター用アームカバーは高くて蒸れる!ネット包帯やチューブ包帯を使ってみては?

ネット包帯をアームカバー代わりに使ってギターを弾くギター用品
ギター用品メンテナンス

クラシックギターに使われている塗装のなかには水分に弱いものがあり、肌に直接触れると塗装を痛める可能性があります。このため、夏などの半そでの衣服を着用する季節にはアームカバーを使用している方もいらっしゃることでしょう。

ただ、ギター用のアームカバーは高いうえに蒸れるものが多く、どうもいまいち。そんなときはネット包帯やチューブ包帯をアームカバーとして使うのがおすすめです。

スポンサーリンク

肌で触れると痛めてしまうクラシックギターの塗装

クラシックギターは、できるだけ木の振動を妨げないために、特に高級品では繊細な塗装が使われます。

なかでも、セラック塗装は水分に弱いという特性を持っており、人間の肌から出る汗によって痛んでしまうのです(詳細は上の記事を参照)。

それでも使われているのは音が良いからなのですが、夏などの半そでを着る季節には腕の肌が直接ギターに当たり、汗で塗装を痛めることに。

ギター用のアームカバーは高い!蒸れる!

そこで使われるのがアームカバーです。

これは筒状の布で、ギターと直接あたる腕の部分につけることで、ギターに直接肌が触れないようにします

アームカバーは現代ギターやオアシスなどから売られています。オアシスの場合はギタースリーブと呼ばれていますね。

GGスーパーアームカバー
現代ギター社
汗から楽器を守るアームカバー。
Oasis オアシス ギタースリーブM OH-8M
Oasis
ギターケアグッズのパイオニア、オアシスよりギターの塗装を汗やキズから守るギタースリーブ(アームカバー)が登場しました。

また、あまり知られていませんが、オアシスのギタースリーブには高級版のパッド付バージョンが存在します。

Oasis オアシス ギタースリーブ・テーパー(パッド付) S OH-9S
Oasis
腕にフィットするテーパー形状。ギターにあたる部分には編みこみのパッドが付いています。

パッドが入っているので、ギターと当たる部分が痛くないのがうれしいところ。

ところが、これらのアームカバーは1,500円以上もして意外に高いです。なんでただの布を筒状にしたものがそんなに高いんだ?と思わなくもないですが、数が出ないのでしょうがないところなのでしょう。

再びちなみにの話ですが、オアシスのギタースリーブは海外では通常版が1,000円ほど、パッド付が1,700円ほどで売られています。日本では高い。。。

また、これらのアームカバーは腕を締め付ける形で装着するものなので、暑いところでつけていると蒸れます。暑い季節だから半そでにしているのに、アームカバーを付けることで暑くなったのでは本末転倒です。

ネット包帯を使ってみては?

あらためてギター用アームカバーに求められる機能を考えてみると、

  • 腕が直接触れない
  • ずれにくい
  • 通気性が良い
  • 衛生的

といったところでしょう。

これらをすべて満たしてかつ安いものがあります。

それはネット包帯です。

安い!

ネット包帯はギター用アームカバーに比べて非常にリーズナブルです。

たとえば、私が買ったこちらの商品は2枚で330円:

1枚当たり165円なので、ギター用アームカバーと10倍以上違います。

ガーゼやシップの固定に使われるネット包帯

ネット包帯の代表的なものといえば、頭をけがしたときにつけるあれです。

ププレ 抗菌ネット包帯 頭・もも 1枚入
日進医療器
商品サイズ (幅×奥行×高さ) :87×22×135mm

本来は、ガーゼやシップがずれないように固定するのにつかわれます。

このため、「ずれにくい」という要件をしっかり満たしてくれます

また、けがをしたところが何かに触れないようにする効果もあり、「腕が直接触れない」という要件も満たしてくれるでしょう。

ネットなので通気性が抜群

「ネット」包帯なので空気が抜ける穴がたくさんあり、「通気性」も抜群です。

暑い季節に使っても涼しく使えることでしょう。

抗菌防臭加工がしてあって衛生的

さらに、ネット包帯は医療用品だけに「衛生的」です。

多くの製品には抗菌防臭加工がしてあり、安心して使うことができます。

実際に購入して使ってみた

そんなネット包帯を実際に購入して使ってみました。

購入したのはこちらのテルコーポレーションの製品です。

パッケージはシンプル。小さくて軽いです。

裏には抗菌防臭加工がされていることが明記されています。

長さは18cmほどで、ギター用に使うのに十分な長さです。

腕につけるとこんな感じ。ネットなので空気穴がしっかり開いています。対応するサイズは20cm~50cmとのことなので、幅広い方が使えるでしょう。

実際に装着した状態でギターを構えるとこうなります。ギターが肌に直接触れることはありません

おしゃれじゃなかったり、けがをしているように見えたりするが欠点

ただ、ネット包帯は見た目がおしゃれじゃないのが欠点です。

また、けがをしているのか?と思われる可能性もあります。

このため、ステージ上で使うのは気が進まないという方もいるかもしれません。

そんな方も、自宅などでの練習にはネット包帯を使い、本番では長袖もしくはアームカバーを使うことで、高価なアームカバーが痛むのを抑え、長く使うことができるでしょう。

さらに安さを求めるならチューブ包帯という手も

もっと安いものはないのか?という方にはチューブ包帯がおすすめ。

こちらは長いネット包帯がぐるぐる巻きにされているもので、自由な長さに切って使います

お値段はたとえば5mで3,000円といったところ。

ギターと肌が触れる部分の長さは短いので、たとえば10cmに切って使うとすると、5mのものは50回使えるので、1回あたり60円ほどで使えます。

衛生面などを考えて頻繁に交換したい方や、複数人でシェアしたい方はこちらのほうが良いかもしれません。

追記:100均のアームカバーでもいい?

ツイッターで、100均でアームカバーが売ってるのでそれでもいいのでは?という指摘を受けました。

確かにそれでもいいもしれません。

あえてネット包帯の良さを挙げるなら、

  • 穴が多いので通気性が良い
  • 長さがギターにちょうどよく、切らずに使える
  • 肌に当たるところが綿でできているので、肌にやさしい

といったところでしょうか。

100均のアームカバーも機会があれば試して比較したいと思います。

ギターを大事にしつつ快適に弾こう

繊細な塗装が使われているギターにとって、肌を直接触れないようにするのは大切。

でも、専用のアームカバーは高いうえに通気性が悪くて蒸れます。

練習のときだけでもネット包帯やチューブ包帯を使うことで、安く快適にギターが弾けるかもしれません。

ネット包帯は安いものなので、一度試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
クラシックギター情報ブログ 最高の一音を求めて

コメント

タイトルとURLをコピーしました