40種類以上の弦を使ってきた管理人がおすすめのクラシックギター用弦の記事を書きました

ギターを弾く前の指慣らしのルーチンが欲しい方へ Complete Warm-Up for Classical Guitarはいかが?

4.5
Gohar VardanyanのComplete Warm-Up for Classical Guitar 楽譜/教則本
楽譜/教則本練習

ギターを弾くときは、いきなり曲を弾き始めるのではなく、指慣らしをしてから弾いたほうが指がよく回り、けがも防ぐことができます。また、効果的な指慣らしは基礎練習にもつながり、一石二鳥です。

しかしながら、どのような指慣らしをすればいいのかわからない方もいるはず。「Complete Warm-Up for Classical Guitar」はその名の通り、そんな方にピッタリの教本です。

スポンサーリンク

アルメニア出身のギタリスト、ゴハール・ヴァーダニャンが著者

この 「Complete Warm-Up for Classical Guitar」はアルメニア出身のギタリストであるゴハール・ヴァーダニャン(Gohar Vardanyan)が書いた教本です。

アメリカを中心に演奏活動をしながら後進の指導にもあたっており、数々の生徒にギターを教えてきた経験から効果的な指慣らしについてまとめたのがこの教本になります。

ヴァーダニャンはYouTubeにチャンネルを持っており、演奏はこちらで見られます:

Gohar Vardanyan
Hi, I'm Gohar Vardanyan, an Armenian classical guitarist living in New York, NY. I started this channel about 10 years ago to upload some of my own solo repert...

軽い指慣らしから本格的な基礎練習にまで使える

指慣らしのための本と題していますが、内容は本格的な基礎練習となっています。

Gohar VardanyanのComplete Warm-Up for Classical Guitarの目次

すべてをやると1時間近くかかり、基礎技術の向上に役立ちます。

一方で、指慣らしのためには一部だけやればいいとされており、どれくらいやるかはその人、その時次第で調整できます。

アルペジオ、スケール、トレモロ、スラーの基礎練習で構成、英文は平易

基礎練習は、

  • アルペジオ
  • スケール
  • トレモロ
  • スラー

の4つからなり、それぞれに特化した練習が紹介されています。

著者は今までさまざまな指慣らしを試し、最終的に選別されたものを掲載しているそうです。

解説は英文で書かれていますが平易であり、苦労なく理解することができるでしょう。

ちなみに、英語に自信がない方は、スマホのカメラ翻訳機能を使うのがおすすめです。

カメラを向けるだけでリアルタイムに英文を日本語に翻訳してくれます。

日本で買っても安い!

この「Complete Warm-Up for Classical Guitar」、定価は9.99ドル(約1,098円)です。

輸入楽譜は日本ではやたらと高くなる傾向にあるため、この本もそうだろうと思ったら、やはり現代ギターでは1,650円でした。

しかしながら、この本はAmazonや楽天ブックスでも売っており、なぜかやたらと安いです。

楽天ブックスは全品送料無料ですし、Amazonは2,000円以上またはプライム会員なら送料無料になります(こちらの記事参照)。

なぜだろう?と思って本を見てみると、こんな表記が:

Gohar VardanyanのComplete Warm-Up for Classical Guitarの印刷表示

「Printed in Japan」となっており、日本で印刷しているようです。つまり、輸入楽譜ではない、ということでしょうか。

じゃあなんで現代ギターは高いのだ?という疑問はありますが。。。

ちなみに、電子書籍版であればさらに安く購入できます

こちらは試し読みもできるので、試してみてください。

指慣らしルーチンにも、基礎力向上にもおすすめ

この「Complete Warm-Up for Classical Guitar」は著者の長い教授経験から生まれた指慣らしルーチンであり、高い効果があるものと思われます。

また、基礎力向上にも役立つ内容なので、毎日の練習に取り入れてもいいでしょう。

価格もこの手の本にしては安いのも魅力的。ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク
クラシックギター情報ブログ 最高の一音を求めて

コメント

タイトルとURLをコピーしました