40種類以上の弦を使ってきた管理人がおすすめのクラシックギター用弦の記事を書きました

ギターのブリッジやナット周辺、指板の掃除に MUSIC NOMAD のTHE NOMAD TOOL(MN205)が便利

THE NOMAD TOOL -MN205-ギター用品
ギター用品メンテナンス掃除

愛するギターは常にきれいにしておきたいもの。でも、ブリッジやナット、指板は弦が邪魔で普段は掃除がしにくいですよね。そんなときに役に立つのがMUSIC NOMADのTHE NOMAD TOOL(
MN205)。両端に2種類の掃除道具がついており、弦を外さなくても細かいところが掃除できます。

スポンサーリンク

ほこりがたまりがちなブリッジやナット周辺、そして指板

大事なギターを常にきれいにしておきたいと考え、演奏後にクロスなどで拭いてから片付けている方も多いことでしょう。

人間は音楽を聴くときに耳だけでなく視覚からも情報を得ているといわれ、やはりきれいなギターからできる音はきれいに、汚いギターから出る音は汚く思えてしまうものです。

しかしながら、弦楽器であるギターには掃除しにくい場所が存在

たとえば、ブリッジ周辺はブリッジ手前の表面板や、ブリッジのへこんだところにほこりがよくたまります:

また、ナットも糸巻側のところにほこりがたまりがち:

もちろん、指板のうえにもほこりはたまります。また、弦の裏も掃除はしにくいでしょう:

こういった部分をクロスなどで掃除しようとすると手間がかかるうえに、手が滑って表面板などを傷つけてしまうことも

かといって、弦交換のたびにすべての弦を外して掃除するのは面倒です。また、すべての弦を一度に外すのは楽器にとってあまり良くないとも言われています。

THE NOMAD TOOL(MN205)で掃除しよう

そこでおすすめしたいのが、MUSIC NOMADのTHE NOMAD TOOL(MN205)です。

このTHE NOMAD TOOLには、一方にファイバー製のブラシ(筆)が、もう一方に高品質のマイクロファイバーパッドがついています

シンバルクリーナー

紹介動画はこちらをご覧ください(英語):

筆でブリッジやナット周辺のほこりを除去

筆部分では、ブリッジやナット周辺の細かい部分のほこりが除去できます

また、ペグ周辺にも使えるでしょう。

マイクロファイバーパッドで弦の下の表面板を掃除

筆だけであれば、化粧用の筆を使ってもいいのですが、もう一方にマイクロファイバーパッドがあるのがこの製品の特長

マイクロファイバーパッドを使えば、弦の下になっていて拭きづらい表面板がかんたんに掃除できます

また、弦の裏や指板の掃除も可能です。

パソコンなどの掃除にも

THE NOMAD TOOL(MN205) はギターだけでなく、パソコンなどにも使うことができます。

パソコンもキーボードのすきまなど、掃除しづらい場所が多いもの。直接手が触れるものなので、きれいにしておきたいですよね。

細かいところまでギターをきれいにしたい方へ

MUSIC NOMADのTHE NOMAD TOOL(MN205)は、ギターの掃除しづらい箇所までしっかり掃除できる便利なグッズです。

大事なギターをこまかいところまできれいにしたい方におすすめといえるでしょう。

弦を外さずに手軽に掃除ができるため、掃除をする頻度が上がりそうです。

1つ手元にあると便利なこのグッズ、ぜひ導入してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
クラシックギター情報ブログ 最高の一音を求めて

コメント

タイトルとURLをコピーしました