ギターが「弾けたらモテそうな楽器」で1位に~2022年の調査

豆知識

This post is also available in: English (英語)

往年のギターブームではギターを弾けるとモテたという話を聞きますが、今でもギターモテるイメージがあるようです。島村楽器の2022年の調査で、ギターがモテそうな楽器No.1に選ばれました。

クラシックギター情報交換掲示板を開設しました
クラシックギターの情報を交換するための掲示板を設定しました。是非ご利用ください。イベント情報やセール情報、クラシックギター関連の小ネタも投稿中です。

34.3%でモテそうな楽器1位になったギター

この調査は島村楽器によって2022年2月2日から4日にかけ、楽器とプレイヤーに詳しいアルバイトと従業員を対象におこなわれ、248名の回答を得ました。

それによると、ギターが34.3%の票を得て一番モテそうな楽器に選ばれたとのことです。

2位はピアノ、3位はサックスですが、それぞれ23.8%/9.3%の得票率ですので、ギターは圧倒的にモテそうなイメージがあるといえそうです。

華やかで動き回れ、色々なパフォーマンスが可能

ギターがモテそうな理由としては、「華やかで動き回れ、色々なパフォーマンスが可能」という意見や、「ギターが弾けるとほかの楽器に比べてギャップを感じる」といったものが挙げられています。

…この時点でクラシックギターじゃなくアコギやエレキのような気がします

ピアノはかっこよく知的なのでモテそうなのだそうです。

実際モテる人が多いかどうかは微妙

モテそうなイメージがある楽器ですが、実際モテる人が多いかという質問に対しては、YESが54.8%とわずかにモテると思う人が多いという意見が多かったようです。

楽器を弾けるだけでモテるということはない、ということなのでしょうね。

楽器が演奏できて良かったという意見は多い

ただ、楽器を演奏できて良かったと考えている人は多いようです。

94.4%が良かったと思った経験があると答えました。

理由としては仲間ができたなどの人とのつながりや、達成感や人生の充実度の点が挙げられています。

クラシックギターがもてた時代は今は昔

クラシックギターというと、ギターブームの時代には弾ければモテたし、何なら持っているだけでモテたという話をよく聞きます。

残念ながら私はその時代にギターを弾いておらず、ギターを弾けたのでモテたという実感はありません

モテそうというイメージはあるのかもしれませんが、モテることを目的にギターを弾くと残念な結果になる可能性が高いような気がします。

ただ、調査にもあったとおり、ギターを弾けることで別の充実感は得られるのは確かです。

長く楽しめるおすすめの楽器だと思うので、より多くの人が手に取ってほしいものです。

豆知識
クラシックギター情報ブログ 最高の一音を求めて
タイトルとURLをコピーしました