キャスター付きのギターケース「MONO M80 Vertigo Ultra Electric Guitar Case」が日本で発売~クラシックギター用も期待したい

MONO M80 Vertigo Ultra Electric Guitar Caseのキャスターギター用品

ギターという楽器は地味に重く、背負ったり持ったりして長距離を移動するのは大変です。さまざまなギターケースを製造しているMONO社の、キャスターが付いたギターケースが日本で販売開始されました。クラシックギター版の登場も期待したいです。

スポンサーリンク

「Freerideホイールシステム」で持ち運びが楽々

この「MONO M80 Vertigo Ultra Electric Guitar Case」の特徴は、キャスターが付いている点にあります。

前から見るとこんな感じで普通のケースです:

後ろから見るとキャスターが付いており、重いギターもスーツケースのように転がして運べます

キャスター部分を拡大するとこんな感じです。

このキャスターは「Freerideホイールシステム」と呼ばれるMONO社独自のもので、重いギターでも楽に持ち運ぶことができるでしょう。

YouTube上で紹介動画が公開されています。

ホイールは着脱可能で、使わないときは取り外すことが可能です。歩く距離に応じて選べるのはうれしいですね。

キャリーカートを使うより軽くてスマート

重いギターを持ち運ぶ手段としては、MAGNA CARTのようなキャリーカートを用いる方法があります。

でも、カート自体が5kgなど重く、見た目もスマートではありません

「MONO M80 Vertigo Ultra Electric Guitar Case」 はケースにピッタリ付いているためスマートですし、重さは公開されていませんが、おそらくケース+キャリーカートよりは遙かに軽いでしょう。

背負っても快適、楽器の保護性能も高い

このケースは背負うことも可能で、背中にはしっかりしたクッションがあるため、快適に使えます。

楽器の保護性能も高く、シェル構造で丈夫な上にギターが当たる部分はなめらかなため、しっかりと楽器を守ってくれるでしょう。

日本で発売、お値段は58,300円

この 「MONO M80 Vertigo Ultra Electric Guitar Case」 が日本で発売されましたお値段は58,300円です。

思ったほど高くない、というのが正直な感想です。

ただ、ギグバッグのなかでは高い部類に入るでしょうね。キャスター付きかつしっかりしたケースなので仕方ないところなのでしょうが…。

ちなみにサウンドハウスでは、直輸入しているのかもっと安く買えます。

クラシックギター版の登場に期待したい

名前からわかる通り、今回発売されたのはエレキギター用のケースです。

MONO社のサイトを見ても、今のところクラシックギターはおろかアコースティックギター用のキャスター付きケースすらラインナップにないようです。

ただ、実はMONO社はクラシックギター用に同じ「MONO M80」シリーズのギグバッグを販売しています。

こちら、ギグバッグといいながらABS樹脂でできたシェルを持っており、ハードケース並みの保護力を備えているケースです。

エレキギター用のキャスター付きケースの評判が良ければ、アコギやクラシックギター用の製品も発売されるかもしれません。期待したいです。

ギター用品ケース
スポンサーリンク
クラシックギター情報ブログ 最高の一音を求めて

コメント

タイトルとURLをコピーしました