40種類以上の弦を使ってきた管理人がおすすめのクラシックギター用弦の記事を書きました

カンティーガに”プレミアム(Premium)”シリーズが登場 新素材を巻線に使用し長寿命

クリエイションカンティーガプレミアム

サバレス(Savarez)のカンティーガ(Cantiga)といえばプロの中でも使用率の高い低音弦です。

そんなカンティーガに新たな製品が登場しました。「カンティーガプレミアム」と名付けられたこの低音弦は巻き線をハイテク素材に変えて寿命が長くなっているそうです。

以下の記事で本ブログの弦のレビュー/感想/情報記事をまとめています

(追記): 購入してレビューを始めました

スポンサーリンク

新素材を使用した巻線を使用

新素材の芯線を利用した低音弦という意味では、以前紹介したプロアルテのダイナコアや、ドーガルのディアマンテ及びマエストラーレが挙げられます。

いずれも特徴として張ってから安定するまでの時間の長さや長寿命を売りにしています。カンティーガはもともと芯線に「カンティーガコア」という独自のものを使っていましたが、これにさらに巻線を新しくしています。サバレスのニューリリースでも長寿命であることをうたっていますね。

テンションは通常版とまったく同じ

カンティーガプレミアムテンション及び弦の直径は通常のカンティーガと全く同じになっています。こちらがテンションの比較表です:

4弦5弦6弦
カンティーガノーマル7.2 kg6.5 kg6.6 kg
ハイ7.6 kg7.1 kg7.0 kg
カンティーガプレミアムノーマル7.2 kg6.5 kg6.6 kg
ハイ7.6 kg7.1 kg7.0 kg

通常のカンティーガユーザーから簡単に乗り換えられるようにあえてこうしたのでしょうか。

ただし、素材は違うので実際に弾いた感覚は違う可能性はあります。

(追記): 現代ギター2018年12月号にテンション測定結果が出ていますが、実際に普通のカンティーガとほぼ同じテンションでした。テンションは芯線で決まるのかもしれません。

(追記): 実際弾いてみましたが、弦自体はちょっと硬めな感じです。ただ、テンションは気になりません。

すべてのカンティーガセットのプレミアム版が販売される

このカンティーガプレミアムはこれまでに発売されているすべてのカンティーガセットと同じ高音弦の組み合わせが販売されるようです。

型番は通常の製品の末尾に”P”をつけたものになっています。

パッケージに金色で”PREMIUM”と書いてあったり、サバレスのロゴも金色だったり、かっこいいです。

アリアンスカンティーガプレミアム

高音弦アリアンス、低音弦カンティーガプレミアムのセット

まず最初がアリアンスカンティーガプレミアムです。

高音弦がカーボン弦のアリアンス、低音弦がカンティーガプレミアムとなっています。

型番は

  • 510ARP: ノーマルテンション
  • 510AJP: ハイテンション
  • 510ARJP: 高音弦がノーマルテンション、低音弦がハイテンション

となっています。

定価は2,830円です。通常のアリアンスカンティーガが2,540円なので10%強高く+290円です。

【2セット】SAVAREZ サヴァレス 510 ARP -Normal tension- ALLIANCE/Cantiga PREMIUM アリアンス高音弦 カンティーガ・プレミアム低音弦
SAVAREZ
【2セット】SAVAREZ サヴァレス 510 ARP -Normal tension- ALLIANCE / Cantiga PREMIUM アリアンス高音弦 カンティーガ・プレミアム低音弦
【2セット】SAVAREZ サヴァレス 510 AJP -High tension- ALLIANCE/Cantiga PREMIUM アリアンス高音弦 カンティーガ・プレミアム低音弦
SAVAREZ
【2セット】SAVAREZ サヴァレス 510 AJP -High tension- ALLIANCE / Cantiga PREMIUM アリアンス高音弦 カンティーガ・プレミアム低音弦
【2セット】SAVAREZ サヴァレス 510 ARJP -Mixed tension- ALLIANCE/Cantiga PREMIUM アリアンス高音弦 カンティーガ・プレミアム低音弦
SAVAREZ
【2セット】SAVAREZ サヴァレス 510 ARJP -Mixed tension- ALLIANCE / Cantiga PREMIUM アリアンス高音弦 カンティーガ・プレミアム低音弦

ニュークリスタルカンティーガプレミアム

次にニュークリスタルカンティーガプレミアムです。

高音弦がナイロン弦のアリアンス、低音弦がカンティーガプレミアムとなっています。

型番は

  • 510CRP: ノーマルテンション
  • 510CJP: ハイテンション
  • 510CRJP: 高音弦がノーマルテンション、低音弦がハイテンション

となっています。

定価は2,340円です。通常のニュークリスタルカンティーガが2,050円なので+290円です。

クリエイションカンティーガプレミアム

最後がクリエイションカンティーガプレミアムです。

高音弦が1,2弦がナイロン弦のアリアンスと3弦がカーボン弦のアリアンス、低音弦がカンティーガプレミアムとなっています。

型番は

  • 510MRP: ノーマルテンション
  • 510MJP: ハイテンション
  • 510MRJP: 高音弦がノーマルテンション、低音弦がハイテンション

となっています。

定価は2,560円です。通常のクリエーションカンティーガが2,270円なので、これも+290円です。

価格は通常のカンティーガ1割増し? (追記: +290円でした)

新素材といわれると気になるのは価格です。

残念ながらまだ日本国内では売っていないようなので、海外の通販サイトで比較すると、クリエイションカンティーガとクリエイションカンティーガプレミアムの値段は、

  • 510MR: 15.8 ユーロ
  • 510MRP: 17.2 ユーロ

となっています。

意外とプレミアムは安い、というのが感想です。

(2018/11/5 追記) 定価は通常のカンティーガに比べて+290円のようです。

長寿命ということなので、プレミアムの方がお買い得ともいえそうです。

日本で発売されたらぜひ試してみたい

低音弦の寿命はクラシックギター弾きのランニングコストに非常に重要な要素となっています。

ぜひともこのプレミアムなカンティーガを使ってみたいものです。

日本で発売されたら買いたいですが、あまりに遅いようなら海外通販かな。。。買ったらレビューしたいと思います。

(追記): 購入してレビューを始めました

スポンサーリンク
クラシックギター情報ブログ 最高の一音を求めて

コメント

タイトルとURLをコピーしました