ハナバッハの高級弦であるエクスクルーシヴなど、今後レビューを行う予定のクラシックギター弦のページを更新しました。こちらをクリック。

オプティマ弦が2019年9月から値上げ

オプティマ No.6 のカーボン弦 高音セット
豆知識

またギター弾きにとっては残念なニュースです。ドイツの弦メーカーであるオプティマの弦が値上げになるようです。

スポンサーリンク

1割ほどの値上げに

値上げ前と値上げ後の価格は以下のようになるようです。

商品名値上げ前値上げ後
ナチュラルカーボン・シルバースペシャル(SCMT(ミディアム)、SCHT(ハイ))2,850円3,170円
ナチュラルカーボン・ 24Kゴールド(GCHT(ハイ))3,750円4,070円
クリアナイロン・シルバースペシャル(SNMT(ミディアム)、SHMT(ハイ))2,850円3,170円
クリアナイロン・24Kゴールド(GNHT(ハイ))3,750円4,070円

全体的に1割程度の値上げとなるようです。

テンションの低さがウリの廉価版であるシルバークラシックスは予告がないので値上げは無しのようです:

カーボン弦とナイロン弦の価格差は0でキープ

一方、ギター弦では珍しいカーボン弦とナイロン弦の価格差が0である状況はキープされるようです。

通常、カーボン弦はナイロン弦に比べて高く価格が設定されますが、なぜかオプティマだけは同じ価格です。

セットの価格を見るとそもそも弦の価格が高いのでは?と思うかもしれませんが、実はオプティマは高音のカーボンは他メーカーに比べて安いんです:

カーボン弦にしては柔らかい音がするので人気の高音弦です。

オプティマ(OPTIMA)ギター弦 No6.CMT1 ナチュラルカーボン・ミディアム①
オプティマ
輝かしさを保ちつつもより柔らかい音を実現したナチュラルカーボンの高音弦

9月には値上げ、10月には増税

9月に値上げとのことですが、10月には増税ですべての弦が値上げとなります。

どんどん価格が上がっていくのは世の常とはいえ、悲しいものです。

今が買いだめのチャンスでしょうか?

オプティマ(OPTIMA)ギター弦 No6.SCHT スペシャルシルバー・ナチュラルカーボン・ハイ セット
オプティマ
低音弦の芯線には新開発の素材を、巻き線にはスペシャルシルバーを使用。スペシャルシルバーは、クリアで弾力性のある音が得られます。
スポンサーリンク
クラシックギター情報ブログ 最高の一音を求めて

コメント

タイトルとURLをコピーしました