ハナバッハの高級弦であるエクスクルーシヴなど、今後レビューを行う予定のクラシックギター弦のページを更新しました。こちらをクリック。

たまにはクラシックギターの大掃除を 錆が浮いたフレットの掃除方法

フレット磨きプレートを指板に乗せるギター用品
ギター用品 メンテナンス 掃除

大事に使っていてもギターはだんだんと汚れていくものです。

たまには時間をかけてしっかり掃除してあげるのも大事かと。

今回は錆が浮いたフレットをきれいにするのを中心にやってみました。

スポンサーリンク

ギターを美しく保つことは重要

汚れていても音が出ればいい、という考え方もありますが、私はたまにしっかり掃除することを心がけています。

故障を早期に発見できる

理由の1つは不具合個所の早期発見のためです。

クラシックギターは木でできているので、温度や湿度等の環境で変化をするため、接着が甘くなって浮いたりするなどの不具合が出やすい楽器といえます。

普段楽器を弾いているところからは見えない場所も全体を掃除しながら見ることで音に影響が出る前に発見ができる可能性があります

故障は発見が早ければ早いほど処理も簡単なので早期発見は重要です。

きれいな楽器からはきれいな音がする?

これは思い込みかもしれませんが、掃除が終わった後はきれいな音が出る気がします。

料理も、味だけではなく、香りや食感、見た目が重要であるように、音楽も必ずしも音だけで楽しむものではないと思います。その意味で、同じ音が出るのであればきれいな楽器の方がきれいでない楽器よりも良い音がするように思えるのではないかと。

まあ、自己満足といわれればそれまでだし、その通りかもしれません。

今回の掃除はフレットが中心

今回特に気になっていたのはフレットの錆です。まずは弦を全部外す必要があります。

以下の記事のように電動ドリルを使って弦を外すと非常に楽です:

弦の交換が素早く完了 ダダリオの電動ドリル用ペグワインダーアタッチメント(PW-DBPW-01)を試す
クラシックギターに限らず、ギター類やベースの弦交換は結構面倒な作業です。そんな面倒な弦交換を高速に、素早く、楽にできる電動のペグワインダーを試してみました。ただし、専用品ではなく普通の電動ドリルとの組み合わせです。実際に動...

ハイポジションのフレットに錆が…

錆が浮いたクラシックギターのフレット

ちょっと見づらいのですが、ハイポジションのフレットに緑色の錆が出ています。普段それほど使う個所でないのでどうしても錆が発生しやすいです。

ちなみに、フレットは銅の合金なので錆びると緑色になりやすいです。

フレットは銀磨きクロスとフレット磨きプレートで掃除する

フレットの掃除は至ってシンプルです。木部に影響を与えないように磨きます。

ギターのフレット磨きよう金属版と銀磨きクロス

道具としてはいろいろ調べて2つ用意しました。

1つ目は指板を磨かないようにするためのフレット磨きプレートです:

KC フレット磨きプレート PFB-500 (2枚組み)
KC(ケーシー)
ギターのフレット磨きに便利な保護プレート

使い方は至ってシンプルで、フレットに穴の部分を通してかぶせることで指板を保護します。

フレット磨きプレートを指板に乗せる

2種類ついていましたがどちらでもはまりました。クラシックギターなら一番ポジションが高いところでも大きいほうでOKでした。より広範囲を保護できるということで大きいほうを使うようにします。

もう1つは銀磨きクロスです:

銀製品をピカピカに磨くために非常に細かく研磨できる布です。

銀磨きクロスでは取れない錆はどうする?

しかしながらここで誤算が。

銀磨きクロスでは緑色の錆が落とせません。銀磨きクロスはいわば仕上げ用のやすりなので錆のような大きなものは落とせないようです。

しょうがないので代わりに激落ちくんで磨いてみました。

さすがに激落ちくんならきれいに落ちました。

激落ちくんで磨いたクラシックギターのフレット

さらに銀磨きクロスで磨くことで美しくなります。

銀磨きクロスで磨いたクラシックギターのフレット

ちなみに、こういったフレット掃除専用のグッズもあるようです。これらの方がいいかも。

dmi guitar labs フレット磨き専用クロス Fret Butter フレットバター 【国内正規輸入品】
dmi guitar labs
フレット磨きを超簡単にできる専用クロス、フレットを磨くとサウンドもクリアになります。
MUSIC NOMAD フレットクリーナー FRINE MN104
MUSIC NOMAD ( ミュージックノマド )
演奏性と弦の寿命を向上、なめらかで輝くフレットに。

(追記): 今になって思うとこれを買っておけばよかったか。。。

ROSETTE ロゼット FRET POLISHING KIT ギターフレット調整シート RFP3M1
Rosette
3M社の4種の粒度のやすりと、ステンレス製のフレットボードプロテクターのセット。

指板をレモンオイルで掃除&保護

さらにせっかく弦を外したので指板も掃除します。

指板はレモンオイルで磨いてやるときれいになるうえに指板に潤いを与えて割れから保護してくれるといわれています。

一度買うとなかなかなくならないアイテムの一つです(笑)

レモンオイルで掃除したクラシックギターの指板

ちなみにその名の通りレモンからできているのでレモンの香りがします。掃除が終わってもしばらく続きます。

最後にカルナバポリッシュで全体を掃除して終了

最後にギター全体を掃除します。クラシックギターはセラックやラッカー等、弱い塗装が塗られていることが多いので、「ギター用」と書かれているポリッシュや洗剤であっても注意する必要があります

おすすめはカルナバポリッシュです:

TAURUS ARMY Carnauba Polish カルナバポリッシュ
TAURUS ARMY
セラック塗装、ラッカー塗装対応 カルナバポリッシュ

公式にセラックやラッカーにつかっても大丈夫とうたっており、安心感があります。実際私も以前のセラック塗装のギターに使っていましたが問題ありませんでした。

使い方は車用のワックスと同じで、少量を布にとってギターのボディーに塗り広げます。乾くと白く浮き出るのでそれをふき取るだけです。

カルナバポリッシュには微量の研磨剤も入っているので小傷も見えなくなるとか。

使った後は手の皮脂が取れるうえに磨かれるからか、ギター全体がつるつるの手触りになります。

カルナバポリッシュはどろどろの液体で、一回に使う量が少ないのでなかなか使いきれません。このため、何年か経つと固まって出なくなってしまいました(笑)

半年~1年に一度くらいはクラシックギターも大掃除を

これにさらに糸巻の歯車部分の汚れを落とせばクラシックギターの掃除としては完璧かと思います。

愛用のギターと長く付き合うためにも半年から1年に一度くらいはこれくらいの掃除をするといいかもしれません。

スポンサーリンク
クラシックギター情報ブログ 最高の一音を求めて

コメント

タイトルとURLをコピーしました