【実録レポ】100冊以上の楽譜を電子書籍化した記録~楽譜のスキャン代行が完了、画質や料金など確認編

ギター用品

100冊以上の楽譜を自力でスキャンするのを諦め、代行業者にスキャンを依頼しました。1カ月ほどでスキャンが完了してPDFファイルが入手できましたので、画質などについてレビューします。

ちょうど1カ月で完了した楽譜のスキャン

私がスキャン代行を依頼したのはスキャンピーという業者です。

101冊~200冊の場合は40日が目安とのことでしたが、楽譜は普通の本よりも薄いためか、ちょうど1カ月でスキャンが完了したようです。

スキャンが完了すると以下のような支払いの請求が来ます:

私はPayPal経由でのクレジットカード決済を選びましたが、銀行振り込みも選べます。

支払いを終えると、支払い確認のメールが送信され、納品作業が始まりました。

支払いの次の日には納品

私の場合、支払いの次の日には納品されました。

納品はboxというクラウドストレージにすべてのPDFファイルが格納された形でおこなわれます。

クラウドストレージにアップロードする時間が必要なので、支払いから納品までに時間がかかるのでしょうね。

大量のファイルを一括でダウンロードすることも可能です。

ちなみに、納品は有料ですがDVDでの納品も依頼できます。

スキャンした電子楽譜の容量は113冊で5GB程度

今回スキャン代行を依頼した楽譜は113冊でしたが、PDFになった後の総容量は約5GBでした。

もちろん楽譜のページ数によって大きく代わり、最も大きいものが228ページの楽譜で100MB、最も小さいものが8ページの楽譜で3MBといったところです。

最近のタブレットであれば余裕で入る容量でしょう。

スキャンされた電子楽譜の画質は良い

気になっていたスキャン後の電子楽譜の画質ですが、思っていたよりもずっと良かったです。

著作権があるので譜面をお見せするのは難しいですが、たとえばこちらの記事で紹介した「Complete Warm-Up for Classical Guitar」の裏表紙はこんな感じです。

ブログにアップする関係で画質が落ちていますが、本物は文字がくっきりしていて読みやすく、楽譜も読みやすく仕上がっています

はっきりいって、自分でやるよりずっと品質が高いです。

電子楽譜ファイルのタイトル変更はいまいち

ただ、電子楽譜ファイルのタイトル変更はいまいちでした。

残念ながら作曲者の名前がファイル名に入ることはなく、曲の名前も特に輸入楽譜の場合いまいちです。

たとえば、セルジオ・アサドのアクアレルは「セルジオ・アサドゥ」というタイトルになってしまいました。確かに表示がこんな感じなので、よほどクラシックギターに詳しくないとどれが曲名なのかわからないかもしれません。

また、クレンジャンスのArabesque en forme de Capriceは、「ARABESQUE.pdf」でした。

…まあ、クラシックギターに詳しくないと正確にファイル名を付けるのは難しいですよね。

Piascoreでの検索性を上げるには、自分でちまちまとファイル名を変え、作曲者名のタグを付ける必要がありそうです。

表紙のスキャンはカラーにしても良かったかも

スキャンピーでは表紙をカラーでスキャンしてもらうこともできたのですが、いらないかと思って指定しませんでした。

iPad対応の電子楽譜表示ソフトのPiascoreの場合、表紙画像で楽譜リストを表示できるのですが、これを見るとモノクロの表紙はちょっと地味です。

これを見ると表紙はカラーにしても良かったかな、と思います。

ただ、通常のスキャン料金が1冊88円なのに対し、表紙をカラー指定すると+50円の138円になります。

+10円とかなら気軽に指定するのですが、+50円はちょっと気が引けるかなとも思います。実際演奏するときには見ないですしね。

1万円未満できれいなスキャンができて満足

今回のスキャンピーでの電子楽譜スキャン代行にかかった価格は、113冊で9,680円でした。

全部で113冊依頼し、Twitterへのリツイートで3冊無料キャンペーンを使ったので、110 x 88 = 9,680円という計算です。

この価格が安いか高いかは議論の余地があるかと思いますが、私は自分でやったときの時間や、画質の高さを考えると安いと思います

次回は楽譜を電子化してクラシックギターの練習や演奏がどう変わったかについて書く予定です。

タイトルとURLをコピーしました